巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「合びき肉」の割合、牛と豚はどのくらい?

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

どのぐらいの比率がお好みですか?

我が家では、ハンバーグもピーマンの肉詰めも、ミートソースもコロッケも、使うひき肉はたいてい「合びき肉」。

この「合びき肉」って、通常、スーパーで購入するときには、その割合は表示されていないことがほとんどだが、スーパーのチェーン「サミットストア」では、ちょっと変わった表示をしているのをご存じだろうか。

「牛7・豚3ぐらい」

牛と豚の割合を表示するのみならず、「ぐらい」と付け加える正直さ。これっていったいいつからなのか? サミット株式会社に聞いたところ、
「『牛豚ひき肉(牛7・豚3ぐらい)』という商品がいつごろから販売が開始されたかというと、もう20年以上前からになりますが、正確にはわかりません」(精肉部バイヤー)
食品の偽装表示などが多発した近年ならともかく、なんと20年以上前からの表示だとは。

ところで、なぜ「牛7・豚3」の商品をメインにしているのか。
「『牛豚ひき肉』はハンバーグに使用することが多いという前提で、ハンバーグをつくる場合、一般的に『牛7豚3の割合のひき肉が良い』と言われているために、当社では牛豚ひき肉は牛7:豚3をメインに販売しています」
このひき肉、店内で加工していることもあり、「鮮度が良い」と好評だそうだが、「ぐらい」という珍しい表現を表示に用いている理由については「若干の誤差はあるため」という説明だった。

そういえば、『NHKためしてガッテン』でも「ハンバーグ」の特集の際には毎回、「合びき肉は7:3」と強調している。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年5月15日 10時00分

注目の商品