巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

どうして人は、モグラを叩こうと思ったのか?

ライター情報:イチカワ

このエントリーをはてなブックマークに追加

モグラがピョコンと飛び出ると、つい叩きたくなりませんか?

人々は、一心不乱にモグラの頭を叩き、その回数を競うという奇妙なゲームで盛り上がる。1匹も逃すまいと、穴から出てくるモグラを、次々とハンマーで叩きまくる。そう、「モグラ叩きゲーム」だ。

モグラはもともと、庭や畑を荒らす動物として嫌われてきた。だから、モグラを叩きたくなる気持ちは理解できる。でも、実際にハンマーで叩くなんて非効率。撃退用の特殊な機械や、捕獲器が使われてきたはず。
一体どうして人はモグラを叩くようになったんだろう。

世界初のモグラ叩きゲームは、1974年に登場した正式名称「モグラ退治」。株式会社トーゴっていう、のちにFUJIYAMAやスプラッシュ・マウンテンなどを製作するメーカーが開発した。ただしこの会社は2004年に破たん。そこで、元社員の方が何名かいるという会社に話を伺った。

「ちょっと開発時の話はわからないですね。1号機が1974年に発売されたということは確認できたのですが……」

当時のことは、昔の記事などで調べるのが確実ではないかとのこと。そこで調べてみると、モグラ退治が世に出るまでの経緯は以下の流れだったことがわかった。

モグラ退治が生まれたきっかけは、デザイナーがトーゴの山田社長に持ち込んだ、十数枚の絵コンテ。そこには、ライオンのしっぽやキリンの頭をつかむ子供の絵とともに、子供がひざまずき、穴から頭を出したモグラをたたく絵があったという。
それを見て、モグラを客にたたかせればおもしろいと思った山田社長。

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2009年7月8日 10時00分

注目の商品