巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「時計」を何年生で習いましたか

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

何年生で習いましたか?

自分たちが子どもの頃は、小学校入学早々に習った気がする「とけい」。

おはじきや時計が入った「さんすうセット」をもらうと、ひたすら時計の針を手でグルグル回すとか、おはじきを転がすとか、幼児の延長線上のような遊びに興じていた……という人も多いのではないだろうか。

ところで、かつて「コネタ」記事でも触れたように、いまの子どもたちは互いの約束ができるまでにいくつものハードルがあったり、「時間の感覚」を身につけるまでに苦労するケースが多い。

これには犯罪の多さから、幼い子どもだけで出歩くことが減っていることなどが背景にあるようだが、それに加えて、ある教員はこんな指摘をしていた。
「現行の学習指導要領では、算数の学習で『時計』が1年生で行われていないこともあると思いますよ」

確かに、昔は1年生で習っていたけれど、いまは時刻の読み方が「2年生」の学習となっている。
これは10年毎に改訂される学習指導要領によるものだが、平成23年4月1日から全面実施される「新しい学習指導要領」(算数・理科は21年4月より移行措置として前倒し実施)では、再び1年生の学習となるという。
ちなみに、「時間の単位」(日、時、分)は小3から小2に移行される。

これってやはり「時計は日常生活で必要だから、早めに学ぶべき」という判断から? 文部科学省に聞いてみると……。
「学習指導要領では、その学年で必要なもの・必要でないものを様々な角度から決めていますが、『時刻の読み方』は現行では2年生が適当であるとされていました。

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年7月24日 10時00分

注目の商品