巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

野球の審判がアウトという前の「ため」について

このエントリーをはてなブックマークに追加

アウトのときだけ、「ため」がある。

今年も盛り上がった高校野球。この夏にかける球児たちをテレビで応援していたら、以前から疑問に思っていたあることが、無性に気になってしまった。

アウトかセーフかきわどいプレーのとき、セーフのときは審判員がすぐさま「セーフ!」とやるのに対し、アウトのときは、クイズミリオネアにおけるみのもんたのごとく、グッとためてから「アウト!」というのだ。

なぜ、アウトのときだけ「ため」があるのだろうか? 関西地区で野球の審判をおこなっている、西日本審判協会の方に問い合わせてみた。

協会の方によると、「ためているように見えるのは、アウトの判定は、セーフの判定よりも基本的に時間がかかるから」なのだそう。たとえばクロスプレーの場合、走者がアウトになる条件として、以下のようなことを確認する必要がある。

1)野手の足がベースについている
2)走者がベースにタッチするよりも、野手の走者へのタッチが早い
3)野手がボールをこぼさず、しっかり捕球している

このうちのどれか1つでも満たされない場合、セーフになるので、その時点ですぐに判定ができる。反対にアウトの場合、これらを全て確認しなければいけないので、結果として時間がかかるわけだ。「決して、ワザとためているわけではありませんので……」とのこと。ちなみに、高校野球だけでなく、プロ野球など野球全般でも同じことがいえるのだそうだ。

甲子園は、高校球児だけでなく審判員にとっての夢舞台でもある。
関連キーワード

ライター情報: 珍満軒/studio woofoo

高校生に間違えられるロリータフェイスでありながらB89W69H88の肉体を持つグラマラスライター。身長174センチ、体重55キロ、男性。

2009年8月25日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品