bit

オーストラリアでは日焼けは幸運・健康の証? 美白を求めがちな日本人との違い

オーストラリアでは日焼けは幸運・健康の証? 美白を求めがちな日本人との違い
影が少なく日差しの強いシドニー・ハーバー

日本では肌色が白い人に対して、清楚または上品なイメージを持つことが多い。全国展開されているようなドラックストアの店内を見回しても、手頃な美白化粧品が種類も豊富に置いてある。美白は常に商品コンセプトの中心にあり、そこから乾燥、敏感、オイリーなど自分の肌に合わせて選ぶのが基本だ。

一方でオーストラリアでは少し事情が異なる。オーストラリア人を構成する移民出身者はイギリス系が一番多く、白人、青い目、金髪といった容姿が多い。しかし彼らにとって、「美白」は必ずしも日本のように求められていることではない。

豪で白い肌の印象は「不健康」「体調不良」


まず筆者の周囲の女性に「美白」について聞いてみた。最初に聞いたのは、金髪に白い肌、赤い口紅が印象的なアングロサクソン系の女性。彼女の場合、夏(南半球の夏は12月から2月)はフェイク・タンニング・ローションで日焼けしたような色合いにして、元の肌色である青白さを避けているという。ビーチに行く時には、日焼け止めクリームは塗るが、日焼けに対して抵抗はない。白い肌に対してどう思っているか聞くと、「青白いと不健康そうに見える」とのことだった。

次に聞いたロシアにルーツを持つ東スラブ系の女性も金髪に白い肌。彼女の場合、一度髪色を黒色にしたところ、肌の色が白いことから顔色が悪く見えたという。会社の同僚たちから「体調が悪いのか」とかなりの頻度で聞かれて嫌気がさしたそうだ。髪色と肌の色はバランスを取った方がいいと考え、今では元の金髪に戻した。戻してからは顔色が悪いと言われることがなくなったため、現在の髪色と肌色には満足している。

三人目は、インド系コーカソイドのツヤのある黒髪に褐色肌の女性に尋ねた。彼女の場合、肌がすぐに荒れたり、アレルギーを起こしたりするので、敏感肌と自覚している。そのため直接肌に塗るものには、美容カウンセラーのアドバイスをもとに選んでいる。日焼け止め対策については、褐色の肌のため、これ以上黒くならないようにしたいという。冬(南半球の冬は6月から8月)でも日焼け止めをするのか聞いてみると、冬は日焼け止めクリームは塗らず、保湿用のハンドクリームやビタミンCの入ったクリームを塗って乾燥を避けているだけとのこと。理想の肌色については、日本人のような白過ぎでも褐色過ぎでもない色(黄色)がいいと話してくれた。
オーストラリアでは日焼けは幸運・健康の証? 美白を求めがちな日本人との違い


健康的に見える日焼けした肌が豪で不健康をもたらす


オーストラリアでは皮膚ガンの発症率が非常に高い。国家非営利組織(NFP)「Cancer Council」によると、年間2000人が皮膚ガンで亡くなっている。治療のコストは10億ドル(日本円:約800億円)に上るという。皮膚ガン自体は日焼け止め対策をすれば避けられることが多く、Cancer Councilでは、日焼け対策として「全国皮膚ガン対策週間2018」を今年の11月18日から24日に設定し、「#OwnYourTone」を呼びかけている。

この運動では「日焼け除けをする着こなしをする」「SPF30以上の日焼け止めクリームやローションを使用する」「幅の広い帽子をかぶる」「なるべく日陰を探す」「サングラスをかける」という5つのことを推奨する。日本人なら誰もがやっていそうな簡単な対策だが、日焼けした肌に対して要望が高いオーストラリアでは、これら対策が必ずしも受け入れられているわけではない。

あわせて読みたい

「オーストラリアでは日焼けは幸運・健康の証? 美白を求めがちな日本人との違い」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    白人は南に住むと皮膚ガン、黒人は北に住むとクル病、黄色人は南北両方に住めてラッキー

    1
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース