巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

日本にある宇宙人? 伝説

このエントリーをはてなブックマークに追加

「浦島太郎」は、宇宙旅行の話だった!?

2009年は世界天文年であり、関連イベントが数多く行われている。ということで今日は宇宙についての話。

日本には様々な昔話があるが、実はこの中には、宇宙にまつわるものもある。たとえば、「竹取物語」に登場するかぐや姫は月の住民だった。他の物語はどうだろう。

「浦島太郎は、宇宙旅行の物語であるという可能性が考えられます」

とは、京都大学宇宙総合研究ユニットと京都精華大学の共同事業「宇宙とアート」プロジェクトに参画している、京都情報大学院大学教授の作花(さっか)氏の言葉。一体どういうことだろうか?

「浦島太郎」の原型は、奈良~平安時代の物語集、「丹後国風土記」にある「筒川嶼子(つつかわしまこ)」だといわれている。ここでのストーリーは、一般的に知られているものとは若干異なるのだが、ここに、ちょっとした秘密が隠されているらしい。ということでストーリーを簡単に紹介してみよう(なお、丹後国風土記では主人公の名前は浦島太郎ではないが、ややこしいのでこの名前を使うことにする)。

「昔々、浦島太郎は船で大きな亀を釣り上げた。亀は乙女に変わり、浦島太郎を蓬山(とこよ)の国に誘った。乙女が船をこぎはじめると太郎は眠ってしまった。目を覚ますと光り輝く島に着いていた。島の屋敷に連れられた浦島太郎は、『昴星(すばるぼし)』『畢星(あめふりぼし)』と呼ばれる子供に出会った。浦島太郎は島で3年過ごした後、故郷に帰ることにした。太郎が故郷に戻ると、太郎が知っている人は誰もいなかった。
関連キーワード

ライター情報: 珍満軒/studio woofoo

高校生に間違えられるロリータフェイスでありながらB89W69H88の肉体を持つグラマラスライター。身長174センチ、体重55キロ、男性。

2009年9月12日 00時00分

注目の商品