巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

まだ食べた人がいない、最強に辛いカレーを出すお店 in ソウル

ライター情報:清水2000

2002年に「ペルシアン宮殿」をオープンしたシャプールさん。ペルシアをイメージしたインテリアは、自ら手がけたそう。

( 1 / 3 )

辛口料理の多いここ韓国においても、食べたお客が倒れる!? というほど、半端なく辛いカレーを出すことで有名なお店がある。イラン人シェフ、シャプールさんが経営する「ペルシアン宮殿」がそれだ。ソウルは成均館大学前に位置する店舗を訪れた。

このお店が提供するのは「ペルシアンカレー」。ペルシアっぽさとは何かと言われると、個人的にはよくわからないのだが(店先にはツタンカーメン的な像が置かれ、店内にはインドポップが流れている)、それはさておき出てきたメニューを見ると、お好みでカレーの辛さを選択できる様子。
「辛さ2.0 まろやかな辛さ(キムチ程度)」から、「辛さ4.0 メキシカンチリの4倍辛い」まで、小数点単位で7段階に分かれた辛さの説明があり、さらには「4.0以上を食べた人はほとんどいない」と、不吉な!? 一言が書かれているではないか。一体これは、どれほど辛いのか。

「年に数人、5.0や5.5に挑戦するお客さんもいますが、最後まで食べて、ちゃんとした足取りで帰った人はほとんどいません。中には倒れる人もいるほどです」と話すシャプールさん。そんなに辛くしないでくれと、救急センターから電話がかかってきたこともあるそうだ。
辛さの設定はメニューに書かれている以外にもあり、1.0から10.0まで用意されているという。
「2年前に一度、お酒に酔ったお客さんが、『絶対食べるから一番辛いのをくれ』と言うので、とりあえず辛さ7.0のカレーを出したことがあるのですが、それ以上辛いカレーは、今だに食べた人がいません」。

ライター情報: 清水2000

ソウルを拠点に活動するトラベルライター。翻訳も少々。路上のコネタ、珍スポ、音楽と映画を求め、弘大のライブハウスから朝鮮半島の辺境、世界のコリアタウンまで徘徊中。

2009年9月23日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品