巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ご自宅に大麻が自生したら

ライター情報:新井イアラ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな植物が生えていたら、最寄りの保健所にお電話を!

平成9年、39件。平成19年、184件。
この数字、大麻取締法違反による検挙数のうち、栽培で検挙された案件の数である(出典:警察白書)。この10年で5倍近くにまでふくれあがった検挙数。
ここ最近、ニュースで薬物問題が多く取り上げられるようになったが、大麻をこっそり栽培する人が増えたことも関連しているのだろう。

もちろん大麻の栽培は違法だし、やっちゃいけないことなのだが、何しろ相手は植物である。タンポポのようなノリで、お庭の片隅に大麻が自生してしまったら、一体どうすればいいのだろうか。
勝手に抜いて捨てちゃったらあとで問題になりそうだし、かといって放っておいていいわけないし……。

まったく対処法が思いつかないので、東京都福祉保健局に聞いてみることにした。
麻薬関連の案件は、健康安全部薬務課麻薬対策係という部署が扱っているらしい。
どうでもいいけど、長い名前である。

実際問い合わせてみると、東京都の場合は「そのままの状態で最寄りの保健所に連絡」というのが鉄則らしい。
何しろ大麻は、栽培しているだけで即逮捕の代物。放っておくなどもってのほかだが、場合によっては計画性や事件性がないか、警察の判断が必要になる。
だから現場を荒らしてはいけないのである。

判断までの手続きはケース・バイ・ケースだが、大麻が自生したと判断された場合、土地の所有者が「いつの間にかウチの庭に大麻が生えていて困ります。保健所の皆さん、抜いてください」と連絡すると、計画性・事件性がないか確認の上で、都の職員が大麻をひっこ抜く。
関連キーワード

ライター情報: 新井イアラ

コーヒーと音楽と雑貨、そして辛いものが好き。「なんでも書きます、書かせてください」でおなじみのライターです。

URL:Twitter:@iara_arai

2009年9月29日 10時00分

注目の商品