巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

心がほっこりする“浅草名物ゆであずき”を味わう

ライター情報:うつぎ

あっさりとした上品な甘さで飽きのこない名物ゆであずき(450円)。

浅草の千束通りを歩いている時、「浅草名物ゆであずき」という看板を目にした。江戸・下町情緒が溢れる浅草は日本を代表する観光地であり、名物と呼ばれるものは沢山ある。しかし、“ゆであずき”の看板を目にしたのは初めてだった。地元では有名なのかもしれないが、興味が沸いたので調べることにした。

浅草の言問通りから千束通りに入って少し歩いたところに、ゆであずきを看板メニューとする「デンキヤホール」がある。1902年に創業され、現在では3代目の店主が店を切り盛りしている。さっそくゆであずきをオーダーし、店主の杉平さんにお話を伺った。

「ゆであずきは創業当時からあるメニューで、当店では添加物を一切使わず、小豆を砂糖、水、塩だけで煮込みそれをのばして作ります。ゆであずきの歴史はとても古く、江戸時代から昭和初期までは、盛り場や神社仏閣の境内で売られていたそうです。昔はこの辺りでは各家庭でゆであずきを作っていましたが、今ではゆであずきを作る家庭は少ないと思います。そのため、若い世代ではゆであずきを知らない人も多いですよ」

確かに、浅草生まれの私の友人はゆであずきを知らなかった。それに、浅草でもゆであずきを出す店はもうほとんどないのだそう。杉平さんは、「お客様には、ゆであずきといったらデンキヤホールだと言われます」と笑顔で語ってくれた。

話もそこそこに、さっそくゆであずきを味わってみることに。
ホットグラスに入れられテーブルに置かれたゆであずきは、小豆がグラスの下に沈殿し、上澄みと2層になっている。まずは混ぜずに上澄みだけ飲んでみることにした。見た目とは予想外に上澄みにもしっかりと味が付いている。甘みのなかにも控えめな塩気があり、あっさりとして飲みやすい。
次はかき混ぜ小豆とともにいただいてみる。ふっくら茹でられた小豆はホクホクとした食感で、どこか懐かしい味がする。
ゆであずきを紹介した書物を読むと、江戸ではぜんざいではなく汁粉がよく食べられていたそう。

関連写真

レトロな雰囲気を漂わせる店構えと看板が目を引く。

関連キーワード

ライター情報: うつぎ

制作会社のコピーライター兼フリーライター。
常に思い出し笑い+ほろ酔いで、ハッピーな性格。趣味は物語を書くこと。
好物=おたく系女子の会話、酒、歴史の闇、ファッション、映画、犬の後ろ姿

2009年11月14日 00時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品