巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

液晶モニターの寿命の見分け方は?

ライター情報:羽石竜示
このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのパソコンのモニター、最近暗くなったと感じませんか。

「最近、パソコンのモニターが暗くなったな」と思った人はいませんか。
いうまでもなく、モニターは消耗品。いつかは寿命がくる。では、どういう状態になったら買い替えたほうがいいのか。
そこで、メーカーのナナオに液晶モニターの寿命について聞いてみた。

基本的にメーカーが定める製品の寿命はいったいどのくらいなのか。
「当社の一般用途向け液晶モニターのほとんどの製品は『3万時間』を寿命として考えています」

へぇー、でも3万時間と言われてもぜんぜんピンとこないよぉ。なので、年換算してみた。
まず、24時間、365日使いっぱなしでは。24×365は8760時間、これで3万時間を割ると約3.4年となる。

でもふつう、毎日24時間も使用する人はほとんどいないのであまり参考にはならないかも。つぎに、1日8時間、週5日のペースで使用した場合はどうか。
すると、1年間トータルの使用時間は2086時間となり、寿命は約14.4年間。
結構長持ちするなという感じ。ただし、この年換算数値はメーカーの保証するものではないので、あしからず。

しかし、ここで問題が。このような数字はあくまで一般的な目安であって、各ユーザーの異なる使用条件にすべて当てはまるものではない。もっと具体的なわかりやすい寿命の見分け方はないのだろうか。
「寿命が近づいてくると、表示色が薄くなる、以前出せていた色が表示できない、画面が非常に暗くなる、画面がチラチラするといった現象が起こります」
なるほど、これなら直感的でわかりやすそうだ。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2009年12月2日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品