bit

夏目漱石も夢中で読んだ奇書! 120年前の実話系怪談本『夢と幽霊の書』

もうすぐハロウィン! ということで、街に大量のお化け、魔女といった異形の者たちがあふれる季節がやってきた。しかし仮装はパリピな人々に任せて、秋の夜長は家で静かに本でも読んでいたい……というあなたにオススメの本を発見。昨年、日本で初めて翻訳されたアンドルー・ラングの『夢と幽霊の書』(作品社)である。
夏目漱石も夢中で読んだ奇書! 120年前の実話系怪談本『夢と幽霊の書』
古い聖書を思わせる、ゴシックムード漂う装丁も素敵だ

120年前の英国で出版された“実話系怪談”ともいうべき奇書であり、心霊現象のほか、予知夢、幽霊屋敷、ポルターガイストなどありとあらゆる事例を紹介。著者のラングはルイス・キャロルや、コナン・ドイルらも所属した「心霊現象研究協会」の会長を務めていた人物である。

実は原書をロンドン留学中の夏目漱石が愛読し、その作品にも影響を与えたのだ。翻訳者のないとうふみこさんに、当時の時代背景や、文豪が魅了された、幻想的で怪しい本書の魅力について話を聞いてみた。


大正時代、天災で出版が頓挫したいわくつきの本


――日本ではこれまで、訳されそうで訳されなかった「幻の本」だったのですよね。ブックデザイナーで作家でもある吉田篤弘さん(本書巻末にエッセイを寄稿)が、作品社の編集者にこの本について語ったところ、それはおもしろいですね!ということで出版が実現したとか。海外ではけっこうポピュラーに読まれている本なのでしょうか?

ないとうふみこさん(以下、ないとう) さすがに古いので、ポピュラーとまではいかないと思いますが、イギリスのアマゾンでは70件ちかくレビューがあがっていますし、アメリカの読書サイトである「Goodreads」でも本棚に登録している人が100人以上いるので、いちおう古典としてまだ読まれているんだろうと思います。吉田篤弘さんのエッセイにもあるとおり、大正時代に水野葉舟という人が全訳に取りかかろうとしていたようです。ところが関東大震災で頓挫してしまったんですよね。だから今回の出版も、最後のゲラを戻してから本になるまで、何も起こりませんようにとひそかに祈ってました(笑)。
原文は300ページ程度でそれほど長いものでもなかったのですが、調べものがけっこうごっそりあったので、訳了まで5カ月ほどかかっています。

――日本のものだと小泉八雲の『怪談』に近いスタンスの本になるんでしょうかね。たった5カ月で訳されたというのは驚きです! 吉田さんも異例の速さで出版が実現したのは、「何人かの幽霊の導きがあったものと、僕は信じて疑わない」と書いておられましたね(笑)。


人物関係が複雑すぎて家系図を作成してから翻訳


――なにしろ120年前の本ということで、翻訳するにあたって、難しい点などはあったのでしょうか?
ないとう 固有名詞の扱いなど、工夫が必要だった箇所がたくさんありました。たとえば「医者で風刺作家のジョン・アーバスノットは」という記述があるのですが、原書では「アーバスノットはかくかくしかじか」としか書かれていません。日本でもすごく有名な人だと「漱石は」「鴎外は」などと、名字だけで言及することがありますが、まさしくそのノリなのです。そうやってぽんと名字だけ出てくる人たちがほかにも何人もいて、そのたびに少しだけ説明を足したり、あるいは訳注をつけたりと、少しでも読みやすくなるよう工夫しました。

また、「ティローン伯爵の幽霊」という話などは、血縁関係が複雑なうえ、別人なのに同じ称号で呼ばれる人もいたりするので、まず自分用に家系図を作って、頭の中を整理してから訳しました。原文で、名前で呼んだり肩書きで呼んだりして同一人物と判別しにくいところも、できるだけ呼称をそろえたり……。

――家系図をつくられたとはすごいです! 読み進めていくと、原書が書かれた時代ならではの幽霊が現れる定番のシチュエーションというのがあったのかな、と感じました。窓の外で馬のいななきが聞こえて、馬車に乗った死者が屋敷へ帰ってくる……という話がありますが、この、馬車にのった幽霊というイメージは何度か登場していますよね。あと、写真がまだ一般的ではなかった時代なので、心霊写真なども当然なく、幽霊と似ているように思える肖像画について言及している箇所もありましたね。

あわせて読みたい

「夏目漱石も夢中で読んだ奇書! 120年前の実話系怪談本『夢と幽霊の書』」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    そもそもタンパク質や脂肪の塊でしかない我々に「意識」があることがものすごい奇跡であり解明されない奇妙な出来事なんだよ。わかる?

    4
  • 匿名さん 通報

    コナン・ドイルの妖精写真事件は有名。 気の毒な背景があった事も知るべき。今では「ファンタジー」という都合のいい言葉が出来たけれども。

    3
  • 匿名さん 通報

    魂の重さが3グラム、という話をは信憑性が無いらしいね。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース