巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

安い牛丼、なんで値段が下げられるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

牛丼はすでにニッポンの国民食?

牛丼の値下げが大手2社ではじまった。一方、吉野家は価格据え置き。
値段を下げる会社と、下げない会社。どこを削ると値段が下げられるのか、値下げの理由を聞いてみた。

さっそく、多彩な牛丼が人気の「すき家」を経営するゼンショーの担当者さんに聞いてみると、「グループ3700店舗、すき家だけでも1350店舗もあるので、とにかくたくさん食材を仕入れられるんですよ。だから規模のスケールメリットによって、調達を工夫できるので今回の値下げになりました」ということだそう。
たしかに同じグループの「なか卯」でも牛丼は販売していますねぇ~。ちなみにスケールメリットとは、簡単に言えばたくさんつくればつくるほど、原料の大量購入などにより1個あたりの原料費が下がること。やっぱり3700店舗はさすがかも。

では、値下げでは二番手になった「松屋」。松屋では、定食メニューも充実しているので、やっぱり食材調達の工夫かな……と思い聞いてみると、「松屋では、特に値下げしたからといって、史上最高のタレも含めて食材はまったく変えてないんですよ」とのお答えが。そのぶん「牛めしは調理が簡単なので、店の作業効率がよくなり生産性が向上する」から大丈夫ということらしいです。(注:松屋では牛丼=牛めしです)
どちらも不況で1日の食費予算を決めている人が多くなり、年末で物入りなシーズンとあって、安さに敏感な消費者のニーズにあわせたというのがホンネのよう。
関連キーワード

ライター情報: カシハラ@姐御

広告会社などを経て、フリーランスライター。得意技は、飲酒とビアガーデン制覇。東京ビアガーデン制覇クラブ主宰。「メルマガ・週刊カシハラ」で気になるものを配信中。

2009年12月17日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品