巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

洋楽と邦楽のCDリリースの違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの人に音楽を伝えようと、音楽マーケットも知恵を絞っているようです。

音楽ファンには周知の事実だが、日本のメジャーアーティストの多くはシングルを発売した後に、それらの曲が入ったアルバムをリリースする。それに対し洋楽は、まずアルバムを発売してから、収録曲をシングル化して発売するというケースが多く見られる。邦楽と洋楽では、シングルとアルバムの発売順がどうやら違うらしい。
なぜこのような違いがあるのだろうか。オリコンの広報部に話を伺った。

まず、本当に発売順の違いがあるのかを確認してみた。

「確かに邦楽は、シングルをリリースした後にアルバムを発売し、洋楽ではアルバムリリース後、もしくは同時にシングルをリリースするのが一般的です」

では、なぜこのような違いが生まれたのだろう。

「そもそも日本は海外に比べてシングルCDのマーケットが大きいんですよ。アーティストをプロモーションする上でシングルのヒットはとても重要です。それなくしてアルバムセールスを伸ばすことはできないと言えるでしょう。対して洋楽は、北米や欧州においてはシングルCDのマーケット自体がほとんど無く、そのリリース数も多くはありません。その代わり、アルバムを代表する“リードトラック”をラジオ局などへ積極的にプロモーションします」

「また、アルバムの後のシングルカットには、アルバムをロングセールス化させる効果もあります。マイケル・ジャクソンの『スリラー』では、アルバム発売後すべてのトラックがシングルとして発売され、アルバムはロングセラーになりました。
関連キーワード

ライター情報: rotten/studio woofoo

雑誌編集者を経て、フリーライターとして活動開始。今後の方向性に迷う多感な年頃。

2009年12月21日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品