bit

短くなった鉛筆どうしてる? 「鉛筆神社」で供養してもらおう

短くなった鉛筆どうしてる? 「鉛筆神社」で供養してもらおう


子供がたくさん勉強した証の短くなった鉛筆。使い道はないけれど、ゴミとして捨てるのも忍びなく、今までなんとなくためてきた。
小学校に入学してから約6年間で使った鉛筆を数えてみると、黒鉛筆が92本、マルつけ用の赤青鉛筆が43本、色鉛筆が15本、合計なんと150本!

短くなった鉛筆どうしてる? 「鉛筆神社」で供養してもらおう
入学してから6年生の冬までに使った鉛筆たち


どっちを向いてもエンピツいっぱい、東京ペンシルラボ


短くなった鉛筆を供養してくれると聞いて、東京都葛飾区の鉛筆メーカー、北星鉛筆株式会社を訪れた。

実は鉛筆製造は東京の地場産業。全国に40社ほどある製造会社の8割近くが東京都にあり、中でも荒川・葛飾に集中している。北星鉛筆もその一つで、創業67年になる老舗の鉛筆メーカーだ。

敷地内に入ると、まず壁に描かれた巨大な鉛筆が目に入る。

短くなった鉛筆どうしてる? 「鉛筆神社」で供養してもらおう
世界一大きな鉛筆の絵?


事務所の入り口、案内看板、自動販売機まで、どこもかしこもエンピツがいっぱい!
鉛筆に対する並々ならぬ愛とこだわりを感じる。

短くなった鉛筆どうしてる? 「鉛筆神社」で供養してもらおう
工場見学はこちらです、かわいい案内板


短くなった鉛筆どうしてる? 「鉛筆神社」で供養してもらおう
鉛筆の下をくぐっておじゃまします


短くなった鉛筆どうしてる? 「鉛筆神社」で供養してもらおう
飲料の自動販売機もオリジナルの鉛筆デザイン


工場と同じ敷地内に立つ資料館「東京ペンシルラボ」。鉛筆の歴史から製造工程、鉛筆メーカーの現状など、ありとあらゆる情報が詰まっている。

鉛筆専門の資料館はめずらしいのでは? 専務取締役の杉谷龍一さんにお話を伺った。
「鉛筆の需要が低迷している中、メーカーとして何かできないだろうかと考えました。もっと鉛筆のことを知ってもらいたい、そのためには実際に見てもらうのが一番ということで、この資料館を開設しました」

短くなった鉛筆どうしてる? 「鉛筆神社」で供養してもらおう
鉛筆の情報がいっぱいの「東京ペンシルラボ」


短くなった鉛筆どうしてる? 「鉛筆神社」で供養してもらおう
徳川家康や伊達政宗も鉛筆を使っていた? 意外な歴史も知ることができる


予約をすれば工場見学や、鉛筆製造のときに出る「おがくず」をリサイクルした木製ねんど「もくねんさん」のワークショップも体験できる。

短くなった鉛筆どうしてる? 「鉛筆神社」で供養してもらおう
短くなった鉛筆はこちらへどうぞ、ほっこり笑顔の鉛筆地蔵


おがくず生まれの鉛筆地蔵。このお地蔵様に短くなった鉛筆を入れると、年に一度の供養祭まで預かってくれる。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2018年12月21日のコネタ記事
「短くなった鉛筆どうしてる? 「鉛筆神社」で供養してもらおう」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ヤンキーな彼女「てめえの鉛筆も供養してもらえ!チビてて使いモンにならねぇっちゃ」

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース