bit

どう見ても川だけど実は海! 四国にある世界一狭い海峡を渡ってきた

先日、香川県の小豆島を訪れたとき、「世界一狭い海峡」を見つけた。


どこから見ても川なのだが……実は海


どう見ても川だけど実は海! 四国にある世界一狭い海峡を渡ってきた
土渕海峡。水はなめてはいないが、しょっぱいはずだ

町を流れるのどかな川……だと思ったら、橋の下に「世界一狭い海峡 土渕海峡 ギネスブック認定」という文字を発見。なんと川ではなくて海だった。土渕海峡の読み方は「どふちかいきょう」だ。
どう見ても川だけど実は海! 四国にある世界一狭い海峡を渡ってきた
一部遊歩道もある

海峡とは、陸に挟まれたあいだの水路のこと。運河のような雰囲気だが、人工的に造られたものではない。

訪れたのが平日の夕方だということもあり、ほとんど人もおらず、観光地的な派手さはなかった。だが、世界一に認定されたスポットだと思えば、なんだか味わい深いような。

私がいるあいだはとくに舟の往来はなかったが、今も漁船やレジャーボートなど小型船が運航する現役の海峡なのだとか。


どれくらい狭いのか?


どう見ても川だけど実は海! 四国にある世界一狭い海峡を渡ってきた
小豆島の地図。左側のオレンジで書かれているところが「土渕海峡」

看板によれば、土渕海峡は土庄町の前島(土庄地区)と小豆島本島(渕崎地区)に挟まれた延長2.5kmの海峡で、最大幅は400m、最小幅は9.93m。また土庄町役場のサイトによれば、水深は満潮時で3.4m、干潮時で1.5mとのこと。

最小幅は、海峡にかかる3つの橋のひとつ「永代橋」の下。ということで橋を渡ってみる。
どう見ても川だけど実は海! 四国にある世界一狭い海峡を渡ってきた

わずか10秒ほどで海峡が横断できた。
どう見ても川だけど実は海! 四国にある世界一狭い海峡を渡ってきた
永代橋から見た景色。左側に見えるのは土庄町役場


世界一狭い海峡横断証明書が人気


橋のたもとには「お知らせ」が。
どう見ても川だけど実は海! 四国にある世界一狭い海峡を渡ってきた

土庄町役場に行けば、世界一狭い「土渕海峡」の横断記念証明書を発行してもらえるらしい。早速行ってみることに。ちなみに役場は永代橋のすぐそば。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2018年12月7日のコネタ記事
「どう見ても川だけど実は海! 四国にある世界一狭い海峡を渡ってきた」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    土渕海峡「ドレーク海峡(世界一幅の広い海峡)はん、世界一同士、姉妹海峡にならへんか?」

    2
  • 匿名さん 通報

    僅か7cmの差で土渕海峡に及ばなかったが、長崎県佐世保市にある早岐瀬戸の方が見応えはあるよ。 https://youtu.be/z3sfaVd_QdY

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース