巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

電池じゃなくて水で動くデジタル時計

1度の注水で約3カ月、時を刻み続ける。

「水を得た魚」という言葉があるが、魚に水がなかったらどうなるというのだ。後は、さばいて美味しく頂くしかない。
では、「水を得た“時計”」だったら、どうなるか? 防水加工してなかったら、あっという間にイカれてしまう。

と思ったのだが、実は水がないとウンともスンとも言わない時計があるのだ。それは、東京にある「大王製作所」から発売された『水時計』のこと。

この時計、乾電池やコンセントにつないでの充電は不要。じゃあ、何が必要かというと“水”だ。これを1回タンクに入れると、およそ3カ月は動き続けるらしい。

それにしても、何故にこんな時計を発売したのか? 同社の開発担当に伺った。
「当社では“人と自然にやさしい”をコンセプトとした商品の提供を進めています。水時計を扱うキッカケとなったのは、自己発電の雰囲気が見て楽しめるシンプルなところです」

この“自己発電”という響きに、どうしても水力発電を連想してしまうのだが、この時計は水力発電で動いてるワケじゃない。水を加えることによって、乾電池と同じ原理が内部で働く。
時計内部には活性炭と金属を設置。これは、金属側がマイナス極に、活性炭がプラス極となる。そして、注いだ水が電解質となって金属と活性炭の間に電気を作る役目を果たす。この原理によって、デジタル時計が作動する。
そして、水の量が少なくなってくるとデジタル表示部分がまばたきし始めて、プツっと落ちるというから、少なくとも2~3カ月に1度は水を与えてやってほしい。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2010年1月21日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品