巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

韓国のつぶやきサイト「me2DAY」、Twitterとの違いは?

ライター情報:清水2000

me2DAYのトップページ。なおme2DAYには、「投稿後1分経ったつぶやきは、削除も訂正もできない」という厳しいルールが。

ネット上で140字の短いつぶやきを書き込める、米国発のコミュニケーションサービス、Twitter(ツイッター)が日本で流行しているが、韓国では国内の企業が運営する同様のサービス「me2DAY(ミートゥーデイ)」に、より多くの利用者が集まると言われている。
2007年2月にスタートしたme2DAY。150文字だけ書き込めるシステムや、他の人のつぶやきが時系列で読めるデザインなど、ぱっと見た感じではTwitterと大差なさそうだが、実際のところはどうなのだろう。

ところでソウルには、ふたつのつぶやきサイトを併用し、患者や町の人とのコミュニケーションをはかる病院がある。
「医療のことはもちろん、飼い猫や食べ物の話など、日常的な話題も書き込みます。医者と患者が友達のような、人間的な関係を持つことが大事だと考えています」と話すのは、麻浦区の病院「ジェネラルドクター」医師、キム・スンボムさんだ。
彼ともう一人の先生が書き込むTwitter及びme2DAYは、患者だけでなく病院を訪れたことのない人、海外在住の人も読んでおり、Twitterだけでも2000人以上のフォロワーを集めている。事前にこれらでコミュニケーションを行った患者とは、診察時の説明もスムーズに進むとか。
me2DAYとTwitterを1年以上前から使いこなす彼に、その違いについてお聞きした。

me2DAYには、Twitterとは異なる機能がいくつか設定されている。なかでも大きな違いは、それぞれのつぶやきの下に、読んだ人が直接コメントを書き込めることだそう。これは話題を整理して読むのに便利とのこと。
さらに、Twitterで言う「フォロー」の代わりに、me2DAYでは「友達申請」というボタンが設けられていることも、大きな特徴だという。気になるユーザーと「友達」になるには、相手からの「受諾」を受けなければならない。これにより、お互いの関係がよりはっきりすることとなる(なお「友達」にならなくても、気になるユーザーのつぶやきを時系列で読める機能もある)。
関連キーワード

ライター情報: 清水2000

守備範囲は韓国旅行、韓国のサブカル・B級スポットなど。
日本及び韓国の雑誌やウェブに書いています。在ソウル。
好物=食パン、レッサーパンダ

2010年2月23日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品