巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「犬舌」じゃなくて「猫舌」なのはなぜ?

ライター情報:イチカワ

このエントリーをはてなブックマークに追加

犬だって、“猫舌”なんです。

猫は、不憫だ。
小判を渡されては価値がわからないとバカにされ、普通に座ってるのに姿勢が悪いと言われ、あげくの果てに、拾い物をこっそり持ち去る人を指し、猫の糞と書いてねこばばと読まれる。

失礼極まりない、人間の猫評価。そんな中のひとつに、熱いものが苦手な人に対して使う「猫舌」って言葉がある。

そもそも動物はみんな、熱い食べものが苦手とされる。火や電気を駆使し、熱いものを食べ慣れてる人間が特殊なだけで、動物はみんな熱いものを食べない。だから当然、熱い食べものに弱い。
なのにどういうわけか、代表にされてる猫。昔から人間にとって身近だったからなんだろうけど、だったら犬だって同じように人間の近くにいた。そう考えると「犬舌」って言葉になってても、おかしくない。

どうして、熱い食べ物を苦手とする代表が、猫になったんだろう。日本語研究をしている専門家の方に、話を伺った。
「まずおっしゃるように、猫は人間と暮らしていたため、猫舌という言葉があるのだと思われます。そして、犬舌ではなく猫舌になったのは、猫が犬よりも人間の近くで暮らしていたということなのでしょう。ペットですから、猫が好むものをあげたい、人間の食事に近いもの(=温かいもの)を食べさせてあげたいという気持ちにもなるでしょうしね」

『日本国語大辞典第二版』(小学館)によると、猫舌という言葉は、少なくとも江戸時代の初期には存在していた。昔から、猫は上流階級のペットや、ネズミを捕まえる家畜として、家の中で飼われていたとされる。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2010年3月7日 00時00分

注目の商品