巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

白熱灯はそんなにダメなのか?

ライター情報:もがみ

このエントリーをはてなブックマークに追加

白熱電球、電球型蛍光灯、LED電球のイメージ。

今月17日、東芝が120年間続けてきた一般白熱電球(白熱灯)の製造を中止したことがニュースになった。政府も2012年までに、白熱灯の国内製造・販売を中止させ、電球型蛍光灯やLED電球(発光ダイオード照明)に切り替える方針のようだ。

白熱灯が廃止へ向かっている理由は、効率が悪いから。電力消費が多く、寿命が短いのだ。
白熱電球は、消費電力のうち光となるのは約10%。中のフィラメント(金属の細い線)に電流を流し、白熱させる仕組みのため、ほとんどは熱となる。その結果、白熱電球の表面は触ったら火傷するぐらい高温になり、300℃を超えることも。

では、電球型蛍光灯やLED電球と比べて、効率や寿命はどれぐらい違うのか。
器具によって差は結構大きいが、目安として、どの程度か比較してみる。

まずは効率。一定のエネルギーでどれだけの見た目の明るさにできるかを表す「発光効率」は[lm/W](ルーメン毎ワット、単位電力あたりの全光束)で表す。家庭で使う電球の場合概ね、
・白熱電球:10~20 [lm/W]
・電球型蛍光灯:60~80 [lm/W]
・LED電球:60~85 [lm/W]
程度の製品が多く、効率は「LEDは蛍光灯と同程度以上。白熱電球の3~5倍」といったところだ。

そして、それぞれの寿命は「白熱電球1千時間、電球型蛍光灯1万時間、LED電球4万時間」が目安となる。

価格は、白熱電球が100~300円程度なのに対して、電球型蛍光灯は500~1000円程度、LED電球は3000~7000円程度が多い。
関連キーワード

ライター情報: もがみ

普段は勉学に励み(?)、休日にコネタ探しをしている。大阪イメージアップ作戦展開中。好物=旅、コネタ探し、デジカメ、地図

2010年3月19日 10時00分

注目の商品