巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

中が“トロトロ”のベビーカステラが主流の町

中身とろ〜りの福玉焼。明石では有名ですが、生焼けと勘違いする人も多いので注意書きは欠かせないそうです。

( 1 / 2 )

屋台の人気商品にベビーカステラがある。

このベビーカステラのことを、「ベビーカステラは外がフワフワで中がトロトロ。シュークリームみたいなものだ」と激しく主張する声を聞いた。
主張するのは揃って兵庫県の明石や網干辺りの人が中心。これはどういうことなのか。

外フワ中トロのベビーカステラ、これはJR明石駅前に店舗を構える夢工房さんの“福玉焼”、これのことだった。
この福玉焼、見た目はごく普通のベビーカステラと同じ。

しかし驚くべきはその柔かさだ。触るとフワッ。中を割ってみると真ん中がトロトロのクリーム状で、口に入れるとフワフワトロトロの新食感。
中にクリームでも仕込んでいるのかと思いきや、実はこのトロトロ部分も生地なのだそう。

店長さんが言うには「生で食べても大丈夫な生地を使い、強火で表面だけを焼いています。中だけ半熟になるよう焼くのがコツです」。あっさりと言うが、これ相当に難しい。

型は通常のベビーカステラの物に似ているが、異なるのは型に生地を落とす時間だ。
数十個もある穴全てに生地を落とす、これにかける時間は平均10秒程度。それ以上かかると最初に入れた生地が膨らんで、中トロにならないのだと言う。
木の枝を使って生地を穴へと素早く落とし、そして勘だけで焼き上げる。まさに職人技のお菓子なのだった。

この福玉焼が生まれたのは戦後まもなく。まだ砂糖や小麦粉なども高価だった時代、現代表者の祖父がリアカーを引いて売りに出たのが始まりだと言う。
関連キーワード

ライター情報: のなかなおみ

いつか山の中に引きこもりたい大阪在住フリーライター。日々、野良猫との遭遇を楽しみに生きてます。

2010年3月24日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品