巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

パソコン使用で疲れないためには?

ライター情報:羽石竜示

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのパソコンモニターの明るさや位置は適正ですか。

パソコンを長時間使用していると、とても疲れませんか。
とくに、読書などと比べてはるかに目が疲れるように思う。この疲れの原因は何か。そして、どうすればこの疲れを軽減できるのか。

まず、疲れの原因とは。EIZOブランドのモニターメーカー、ナナオによると、
「パソコン画面が明るすぎるというものがあります。明るすぎる光を見続けると目に負担がかかるようです」
モニター自体の明るすぎが原因。だが、それだけではないという。
「室内の照明の明るさに対して、モニターが暗すぎても目の負担になります。これは明るいところと暗いところを見るたびに、目の中での明るさ調節が必要で、この頻度が多くなると疲れにつながるのではないかと考えています」
室内照明も影響しているとは。照明は明るいほうがいいとは必ずしもいえないのですね。

ほかにも原因は考えられる。
「作業中は近距離を注視し続けるので、目の筋肉が緊張状態にあります。この状態が一定時間を超えると疲れて機能低下を招くようです」
さらに、疲労以外の弊害もある。パソコン画面の位置が目線より上にあり、見上げるような格好になっていると上目使いになる。すると眼球の空気への露出面が増えるため、ドライアイの症状になりやすくなるそうだ。

では、パソコン疲労対策とは。
・画面の明るさを下げる。
・画面の位置や自分の姿勢を調整する。
・定期的に作業を止めてリフレッシュする。
の3つだ。
明るさ調整のときのポイントとして、画面の横に白い紙を並べ、その紙の白さ(明るさ)を目安にして画面の輝度を同じくらいに調節すると、室内の明るさと画面の明るさの差が少なくなる。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2010年3月26日 10時00分

注目の商品