巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「半ズボン」のこと、誤解してませんか?

ライター情報:イチカワ

「半ズボン」のイメージ、どんな長さですか?

実は今回、「半ズボンは股下2~3センチなのに、なぜ“半”なのか」っていう疑問で、半ズボンのことを調べていた。あの丈の短さは、どう考えたって“半”なんてもんじゃない。どうして、あの短さに半という単語があてられたんだろうかと。

調べてみて、僕の常識が間違ってたことに気づいた。
もともと半ズボンは、文字通り、丈が半分だったことを僕は知らなかった。

文化服装学院の朝日真先生に、話を伺った。
「今日では股下2~3センチのズボンも含めて半ズボンと呼んでいますが、この言葉が生まれた明治時代には、足首まであるものを長ズボンとし、膝までのズボンを長ズボンの半分の丈のズボン、つまり半ズボンと呼ぶようになったかと推測されます」

日本でひざ丈の半ズボンは、日清戦争(明治28年)の戦勝ブームの中で流行したとされる。欧米での流行を取り入れた形で、半ズボンの上はセーラー服。この服装は皇族をはじめとする上層階級の子供たちが始め、のちに半ズボンは、さまざまな洋服と組み合わされ、庶民にも広まっていった。

丈が股下2~3センチ程度になったのは、1950年代の百貨店の子供服キャンペーンあたりとされる。新宿伊勢丹では、1954年7月に子供既製服の実演即売会、1955年10月に世界22か国の子供の民族衣装をオリジナル人形に着せる「世界の子供服衣装博覧会」が、それぞれ大成功を収めた。

ちなみに当時、海外ではすでに股下の短い半ズボンが普通だったようだ。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2010年4月2日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品