巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

根はダイコン、葉はキャベツの「キャベコン」

このエントリーをはてなブックマークに追加

これが“キャベコン”。こんなの、初めて!

( 1 / 2 )

一昔前に“サザエボン”なんてキャラクターが流行ったが、あれは一種の革命だった。キャラとキャラの合体なのに、できあがったのは全く新種のキャラクター。1+1が2になるハズが、1+1がπになったみたいな。

そして、ここに新たな合体の成果が。その名も「キャベコン」。聞いただけでは、何のこっちゃわからない。
実はこれ、新しい野菜。葉はキャベツ、根はダイコンだから、両者の名前の一部をいただいて、名付けられた“キャベコン”。

それにしても、なんでこんな意欲作を生み出したのか? 開発者である、奈良県フラワーセンター(TEL:0743‐59‐0075)の棚田一治さんに話を伺った。
「二つの植物が合体する植物の不思議さや可能性に触れて、植物に興味を持ってもらおうと考えました」
実は15年程前、キャベツの根こぶ病対策として“大根に接木する技術”が研究機関の「近畿中国四国農業研究センター」で開発されたという。それを知り、触発された棚田さんが平成17年3月に4株の“キャベコン”作りに成功! そして、今に至るわけだ。

では、どのようにつくっているのか? 聞いてみたが、要するに“接木”らしい。
説明すると、キャベツとダイコンの葉の下を水平に切断。そして、ダイコンの上にキャベツを乗せて、接木用チューブで支える。その後、ビニールで作ったトンネルの中に入れる。そこから7~10日経つと、めでたくキャベコンの誕生となる。

……と簡単に説明したが、キャベコンづくりはちっとも簡単じゃない。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2010年4月29日 00時00分

注目の商品