巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

店舗限定のレア銘菓、「生信玄餅」

ライター情報:古屋江美子

黒蜜との相性も驚くほどよい生信玄餅。

( 1 / 2 )

先日、コネタ記事「スイーツの“生“化がとまらない」でも紹介したように、最近は“生”とつくお菓子が増えている。だが、先日山梨で見つけた“生”菓子はちょっとユニークだ。その名も「生信玄餅」。

信玄餅といえば、山梨を代表する銘菓のひとつ。山梨土産の定番でもあるが、その“生”バージョンがあったとは! いったい通常の信玄餅と何が違うだろうか? 

商品を販売する金精軒の担当者に話をきいてみると、大きな特長は原料のもち米、「梨北米」(りほくまい)だという。梨北米とは日本穀物検定協会の「米の食味ランキング」で5年連続特Aを受賞しているや地元山梨の米。これを100%使っている。

どんな味なのか? 早速食べてみると、まず驚かされたのが餅のやわらかさ。さらに、口のなかにほんのり広がる餅の甘味も実に上品。なるほど、たしかに「極上」と謳うだけのことはある。

商品の発売は2009年8月だが、誕生のきっかけは2006年ごろ。なんでも当時、山梨県内の原料問屋や穀物問屋さんから、“地元のもち米を加工した菓子用の餅粉で信玄餅を作らないか”と話をもちかけられたのが始まりだとか。
「産地限定のお米で信玄餅が作れたらすごい! と思い、すぐに試してみました」
釜から出てくる蒸しあがった餅を見て、まず驚いたのがその白さだったそう。
「それまでも国産のもち米粉100%で作っていましたが、見た目が断然白いんです」
そのパーフェクトな見た目に惚れ込み、続いてレシピを検討。

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2010年6月17日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品