巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

タバコの無い未来。物の大きさは何と比べる?

ライター情報:スズキナオ

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneでハッピーターンミニパックの大きさがおわかりいただけるだろう。

( 1 / 2 )

先日、JTが、2010年10月1日からタバコの価格を1箱につき110円~140円値上げすると発表した。大幅な値上げにより喫煙者数の減少はまぬがれないだろう。

私の周りの愛煙家たちの中にも、「もうこれでやめられる! 終わりだ!」と、嬉しいんだか悲しいんだかわからない様子でこのニュースに衝撃を受けている人が少なくなかった。

ますます肩身が狭くなる愛煙家たちの行く末も心配だが、私がさらに気になるのは、物の大きさをわかりやすく伝えるためには、これから隣に何を置けばいいんだ!? という点だ。ある物のサイズを写真や映像で伝える場合、サイズのわかりやすいものを隣に置き、比較するという手法が取られることが多い。そして、そのポジションには昔からタバコの姿があった。タバコが私たちの前から姿を消しつつあるとすれば、一体何が次なる物差しになるのだろう……。

重要なのは、身の回りにいつもある手軽さ、どんな時でもさっと取り出せる携帯性や、誰もがその大きさをリアルにイメージすることができる普遍性、つまり統一された規格を持っているというポイントではないだろうか。それを踏まえた上で、知り合い20名にアイデアを募ってみた。「物の大きさを比較するのに、最適なアイテムは何だと思いますか?」

まず一番多かった答えは、「iPhone・iPod」。なるほど、これなら手軽に比べられる。携帯性も、サイズの統一性も問題なし。iPhoneのここ最近の普及率は凄まじいものがあるし、iPodとなるとさらに普及していそうだ。
関連キーワード

ライター情報: スズキナオ

1979年生まれ水瓶座・A型。立ち飲みや無目的な街歩きが趣味。チミドロっていうテクノバンドをやっています!

2010年6月20日 00時00分

注目の商品