巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

用紙はA4が主流なのに、B5の封筒が多い理由

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

手前が「長4」、奥が「長3」です。

書類を送る際、急ぎでコンビニエンスストアなどで封筒を買うときに「B5規格」のものしかしかない……ということがある。
これは「長形4号」というもので、B5基準になっているだけに、これにはA4サイズの紙がどうしても入れにくい。書類は現在A4サイズが主流なのに、なぜ封筒はB5規格のものが多いのだろうか。
封筒専門のハグルマ封筒株式会社に聞いた。

「日本で使われる紙のサイズは、大きく分けてA判とB判の2つのサイズがあります。A判は国際規格ですが、B判は日本独特のもので、国内だけで通用するサイズです」
政府は、長い間公文書にはB判の使用を原則としてきたそうだが、大きく変わったのは92年11月。
「各省庁事務連絡会議の申合せ(「行政文書の用紙規格 のA判化に係る実施方針について」)に基づき、93年4月から行政文書のA判化を計画的に推進し、97年には、行政文書の100%がA判化したとしています」

ちなみに、80年代までは国の文書の9割がB判だったという。つまり、A規格のものが流通したのは最近のことなのだ。
「B判サイズのなかで、比較的現在でも多く使われているサイズが「長形4号」(B5の三つ折りが入る封筒)です。特にB5サイズの個人向けの手紙や履歴書を入れる封筒としていまだに広く流通しています。 その理由としては、国内にある長形4号(「長4」)封筒を作る製袋機が今でも多く使用されていることも挙げられます」

また、長4封筒は現在主流になっている長形3号(A4の三つ折りが入る封筒)よりもサイズが小さいため、価格も割安になることから、一般消費者である個人ユーザーが長4を使っているケースも多いのではないかという。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2010年7月14日 10時00分

注目の商品