bit

「日本との出会いは野球じゃなかった」元千葉ロッテ監督バレンタイン氏が日米親善活動を続ける理由

「日本との出会いは野球じゃなかった」元千葉ロッテ監督バレンタイン氏が日米親善活動を続ける理由

2005年に監督としてプロ野球・千葉ロッテマリーンズを率いて日本シリーズを優勝したボビー・バレンタインさんが、本国であるアメリカに帰った後も日米親善を続けている。日本球界を去った後は米メジャーリーグの監督へ復帰。監督退任後は解説者などのキャリアを続けながら日本へのアンテナを常に張り続け、日米の親善やボランティア活動に取り組み続ける。

これらの活動が認められ、バレンタインさんは今春の叙勲で旭日小綬賞を受章。近年はニューヨーク近郊を中心に、日本関連のプロモーションに積極的に参加している。

11月8日に行われた東京都主催の東京プロモーションイベント「Eat Up Tokyo」ではパネリストとして出席し、日本の文化や食事、ツーリズムについて語った。そのバレンタインさんに、活動の源泉である日本に対する気持ちについて、お話をうかがった。


日本との出会いは野球が最初ではなかった


――日本で何年も活動されて今やすっかり日本通ですが、そもそもバレンタインさんと日本をつなぐきっかけはなんだったのでしょうか。

あまり言っていない話なんだけど、初めての日本との接点は野球じゃなくて高校生のときだったんだ。高校でやった劇で、僕は日本人の通訳役を任された。うん、僕が日本人の役だよ(笑)。今思えばそれが最初の日本との出会いだったな……。

その後、僕が初めて日本に行ったのは、1980年代。僕はメジャーリーグで初めてミズノ社のグローブを使った選手だったから、その縁で同社に招かれて来日したんだ。

――今から30年以上も前ですね! 当時はまだ日本の情報も今のようには広まっていませんし、アメリカでの日本食の認知度や人気も今ほどではないですよね。そのときには、すしなどの日本食も食べていましたか?

そのときに食べた日本食で記憶に残っているのは、すしだね。当時の自分にしては、箸をうまく使えたなと思っている。日本の人たちに囲まれて、初めてちゃんとした本物のすしを食べた。日本の人たちは礼儀正しいし、自分も失礼があってはならないと緊張しながらひとつひとつお寿司を食べていたら……口の中に違和感と衝撃を感じたんだ。

何かと思ったら、あの緑のプラスチックのギザギザのやつ(バラン)さ! あまりに緊張してバランも食べてたんだよね。そして、違和感とあわせて訪れた「衝撃」の正体は、バランにくっついていたワサビだった。

――鮮烈なすしのデビュー戦でしたね(笑)。すし嫌いにはなりませんでしたか?

大丈夫! すしは大好きだよ。アメリカ人からみた日本食のシンボルは、すしになっているし、僕もすしはよく食べる。でも周りにはもう一言加えているよ。「日本の肉を忘れるな!」と。重要だからもう一回言うけど「日本の肉を忘れてはいけない」。

日本のきめ細かなサシの入った肉で作るすき焼きは、口の中で肉が溶けて消える。最高だよ。あの素晴らしいすき焼きはもっとアメリカでも広まったらいいなと思っている。でも、アメリカでは生卵を食べる習慣がないから少し広がりにくいのかもしれないね。もっといろいろな場所で食べれるようになったらいいなと思うけれど。
「日本との出会いは野球じゃなかった」元千葉ロッテ監督バレンタイン氏が日米親善活動を続ける理由

あわせて読みたい

  • ざうおが米進出、NYでの反応は?

    ざうおが米進出、NYでの反応は?

  • 串揚げで美食の街NY挑戦 なぜ?

    串揚げで美食の街NY挑戦 なぜ?

  • イタリアの"ちらし寿司"はカレー味

    イタリアの"ちらし寿司"はカレー味

  • パリのたい焼き専門店 仏人の反応

    パリのたい焼き専門店 仏人の反応

  • コネタの記事をもっと見る 2018年12月28日のコネタ記事
    「「日本との出会いは野球じゃなかった」元千葉ロッテ監督バレンタイン氏が日米親善活動を続ける理由」の みんなの反応 3
    • 匿名さん 通報

      みんな笑顔に騙される。色々と問題のある人物。

      1
    • 匿名さん 通報

      今もこんなに日本を応援しててくれてちょっと嬉しいな。

      1
    • 匿名さん 通報

      親日だろうとトランプの犬であることに変わりはないのでは

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース