bit

日本の蔵元と英国人夫妻がもたらすイギリス「酒革命」 1本15万円の清酒とサーバーから注ぐ酒

日本の蔵元と英国人夫妻がもたらすイギリス「酒革命」 1本15万円の清酒とサーバーから注ぐ酒
堂島開所式での鏡割り

今秋のイギリスは「Sake(酒)」が大いに話題だ。まず9月14日に、日本の酒蔵による清酒の海外現地製造としては欧州初進出となる「堂島酒醸造所」が英ケンブリッジシャー州にオープンした。さらに同日、イギリス人夫妻により2017年に創業された英国第一号の酒醸造所「カンパイ」が、欧州初の清酒の「タップルーム」を開いた。
タップルームというのは、サーバー(タップ)からお酒を注いで提供する店舗型の業務形態のことである。

欧州における現地人による本格的な酒造所の操業は、イギリスのカンパイのほかにも、ノルウェー、スペイン、フランスなどで例があるが、日本企業の経営によるものは堂島酒醸造所が史上初だ。

日本やアメリカなどから輸入した清酒への完全な依存を脱却し、「現地製造」という選択肢が加わったばかりのイギリス。国税庁の規定では日本国外で製造された清酒は、日本の酒米を原料にしていても、「日本酒」とは呼べないため、アルコール飲料全般ではなく日本酒という意味での「Sake」という名称が海外では定着している(以下、本記事では補足説明がない限り、「酒」とは日本国外で製造された清酒、いわゆる「日本酒」を指す)。

オープンしたての堂島酒醸造所とカンパイのタップルームを実際に訪れてみた。
日本の蔵元と英国人夫妻がもたらすイギリス「酒革命」 1本15万円の清酒とサーバーから注ぐ酒
サーバーからグラスに直接スパークリング清酒を注ぐ


日本の蔵元として初めて欧州進出した堂島酒醸造所


筆者が堂島酒醸造所(正式名称: 堂島酒ブルワリーUK & co.)を訪問したのは開所記念式典の日だった。同醸造所は、英中東部ケンブリッジシャー州のフォーダムという半農半牧村にあり、ロンドンより北北東に約100キロ、中世の大聖堂で知られるイーリーにほど近い。
同醸造所を立ち上げたのは、大阪の摂津富田で1822年から五代に渡り日本酒造りを行ってきた橋本家による「寿酒造」の専務・橋本良英さんが日本で営む「堂島麦酒醸造所」だ。現地の蔵人にはイギリス人のトニー・ミッチェルさんが抜擢され、日本から時折訪英する杜氏の下で修業中である。

同醸造所は、フォーダム・アビーという、76エーカーもの広大な敷地(東京ドーム約7個分)を持つ、歴史ある大修道院の土地家屋を購入し、そこに堂島酒醸造所を新設した。左右非対称で赤い切妻屋根が特徴的な大型かつ細長い「納屋」をイメージした同酒造所の建物の正面には漢字で「酒」の大文字が堂々と象られている。敷地内の西暦1800年頃に立てられたジョージア朝のマナー・ハウスともうまく調和したデザインだ。
日本の蔵元と英国人夫妻がもたらすイギリス「酒革命」 1本15万円の清酒とサーバーから注ぐ酒
堂島酒醸造所の建物

開所までに約5年の準備期間を要し、約20億円もの多額な資金が投じられた。昨年の暮れに、まず醸造所の建物が完成。その後、内部の酒造設備を整え、今年4月中旬に酒の試験醸造を始めた。発酵タンクが軒並み並ぶ所内には、イギリス初の麹室(こうじむろ)も備えられていて、年間最大8000本もの生産数を見込んでいる。
日本の蔵元と英国人夫妻がもたらすイギリス「酒革命」 1本15万円の清酒とサーバーから注ぐ酒
堂島開所式でのテープカット

9月14日、堂島酒醸造所は、10月1日の一般公開に先駆け、関係者や報道陣を招き開所記念式典を執り行った。同式典には鶴岡公二駐英大使、英国際通商省投資局長、地元の下院議員といった日英両国の政界人や、ファッションブランド「ミチコロンドン」のコシノミチコさんをはじめとする文化人も参加した。

堂島酒醸造所は、酒のみならず日本文化のテーマパークとも言うべく複合施設を将来的に目指している。開所式のスピーチでは、橋本家を代表して長女の久美子さんが「日本の文化の卓越性を披露する国際拠点」に仕立てたいと語った。
また筆者のインタビューに対し、代表取締役の橋本清美さんは「飲、食、美容の3点に重点を置きつつも、日本の地方文化をイギリスに伝えていきたい」と述べた。今後は、利き酒、酒粕料理、日本的なひねりを加えたアフタヌーンティーなどで客をもてなす、「融合」をテーマにしたカフェを開くという。

日本の伝統工芸にも力を注いでいて、敷地内にはすでに陶芸工房を構えた。日本津々浦々の季節料理をふるまう現代風和食レストランも計画中で、古民家移築や流鏑馬、甲冑行進などの伝統行事も行うという。美容に関しては、美白用の酒粕パックや甘酒を楽しめるエステや宿泊施設付の酒風呂スパなどを設ける予定だ。将来的には焼酎や地ビールの製造も視野に入れている。
日本の蔵元と英国人夫妻がもたらすイギリス「酒革命」 1本15万円の清酒とサーバーから注ぐ酒
堂島開所式においてスピーチを行う橋本久美子さん


1本約15万円 富裕層狙いの地酒に込められた使命


堂島酒醸造所の開所式でお披露目されたのは、「隗(かい)」「堂島(どうじま)」「懸橋(かけはし)」の3銘柄。いずれも敷地下の氷河期に形成された帯水層から採水された硬水で造られている。記念酒としての「隗(かい)」は精米歩合6割の純米酒で、参加者に贈呈された。一方、「堂島」と「懸橋」は一般販売されていて、双方ともに価格は四合瓶で1000ポンド(約15万円)だ。
日本の蔵元と英国人夫妻がもたらすイギリス「酒革命」 1本15万円の清酒とサーバーから注ぐ酒
堂島酒醸造所が出す商品のロゴ、ラベル、箱などはデザイナーの原研哉さんが手がけた

「堂島」は兵庫の山田錦を使った精米歩合が7割の純米酒。
「懸橋」は、最終工程で通常は水を使うところに純米酒を用いて仕込んだ貴醸酒(きじょうしゅ)で、名前は同酒造所に程近いケンブリッジの地名に掛けている。「懸」を訓読みして「ケン」、「橋」を英訳して「ブリッジ」というわけだ。同酒造所のコンセプトはまさに「懸け橋」で、「日本と世界を繋ぐ文化の橋」を意味する。

なぜ1本15万円という値段設定なのか? 橋本清美さんは「この酒の価格に日本人は驚くかもしれません」と語る。

「品質管理の苦労はブドウも酒米も変わらず、普通の吟醸酒でも10~20万円のワインに匹敵する品質です。ところがミシュランガイドで星付きとして紹介されるレストランでは、5万円で酒が出されていても、高級酒に慣れた富裕層に安酒のレッテルを張られてしまうでしょう。マーケットを開拓し、購買意欲を高めるためには意識革命が必要なのです」
日本の蔵元と英国人夫妻がもたらすイギリス「酒革命」 1本15万円の清酒とサーバーから注ぐ酒
堂島開所式で升に注がれる酒

酒の価値向上に務める胸中には、日本で年々醸造量の減る日本酒の振興への使命感があると橋本清美さんはいう。

「日本の酒蔵は価格設定に消極的なので、ヨーロッパでの販路を伸ばすためには、価値観を覆し、ワインと引けを取らないように平均価格を上げる必要があります。鑑評会用に特別な酒を造る酒蔵がありますが、皆がそれを1本10~15万円でネット販売してもいいかもしれません。もし酒を1本50~60ポンドの価格帯でイギリス国内にて売り出せば、確実に成功は見込めましたが、そこをあえて、日本酒の価値を高めるために1本1000ポンドにしたのです」

あわせて読みたい

「日本の蔵元と英国人夫妻がもたらすイギリス「酒革命」 1本15万円の清酒とサーバーから注ぐ酒」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    >匿名さん 2018/11/07 12:58 他ソースでも「堂島酒醸造所」となっているのであっているかと。 英名も「Dojima Sake Brewery UK」。麦酒ならbeerのはず。

    4
  • 匿名さん 通報

    何度も連呼してる肝心な社名が違ってる。 株式会社堂島麦酒醸造所ですよ。 酒醸造所という日本語はおかしい。 それがわからなかったとしても、取材対象の 固有名詞の確認を疎かにするのはおかしい。

    0
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース