bit

専門家に聞く「ナメクジのおいしい食べ方」 酢の物にしたらこんな味だった

専門家に聞く「ナメクジのおいしい食べ方」 酢の物にしたらこんな味だった

2018年11月上旬、あるニュースが話題になりました。オーストラリアで27歳の男性がナメクジを生で食べたことが原因で亡くなった、というものです。ナメクジは「広東住血線虫」という危険な寄生虫の主な宿主として知られます。男性は広東住血線虫の寄生による影響で髄膜脳炎を発症。寝たきりの状態で8年間の闘病生活を強いられ、最終的に命を落としました。

こんな危険なナメクジですが、一方では日本人にとっても非常に身近な生き物。ちゃんと調理をすればナメクジは食べられるらしい。昆虫料理研究家として、書籍出版やイベント開催を通じて「正しい虫の食べ方」の啓蒙活動を行う、内山昭一さんは事件について報じた東京新聞(11月8日)の取材でこう語っています。

「ナメクジだって、ちゃんと加熱処理すれば香辛料の味しかしないエスカルゴよりもずっとおいしい」

筆者としても常々、ナメクジがどのような味なのか興味がありました。そんなわけで、ナメクジの正しい調理法を伺うとともに、内山さんが提案したナメクジ料理をいただいてみることにしました。


ナメクジの生食の危険性とは


専門家に聞く「ナメクジのおいしい食べ方」 酢の物にしたらこんな味だった
昆虫料理研究家の内山昭一さん

広東住血線虫への感染によって引き起こされるのが、「広東住血線虫症」です。広東住血線虫の幼虫がナメクジなど中間宿主の体内を介して人体に侵入。脊髄から脳に入り、髄膜脳炎や脳性のマヒを引き起こします。くだんの男性のように寝たきりを余儀なくされる場合もあり、非常に危険です。
その一方で日本では喉や心臓の治療としてナメクジを生食する民間療法があったとも聞きます。

結局のところナメクジを食べることにはどれほどの危険性があるのでしょうか。まずはここから内山さんにお伺いしてみました。

内山:確かにこうした民間療法に関する都市伝説があることは事実です。ただ、根拠はないですし、やはり危険な広東住血線虫の中間宿主であるナメクジを生食することは感染リスクが高く、おすすめできません。どうしても食べたいのであれば、しっかりとした加熱処理が必要です。

ナメクジを安全に食べる秘訣はしっかり1分間加熱すること


――では、実際のところどれくらい加熱すればナメクジを安全に食べられるのでしょうか。厚生労働省ではナメクジなどに寄生している広東住血線虫が熱に弱い、との指摘をしています。

内山:とにかくしっかり加熱する、ということが前提です。具体的に言えば75度で1分間ほど加熱すれば、問題はないでしょう。
ただ、加熱処理以外に、注意していただきたいことがあります。食材が触れたかもしれない調理器具や食器も十分に加熱消毒しておいておくなど、対策を講じてください。
食材はきちんと調理したのに、食材が生のまま食器に触れていた、なんてこともありますからね。

おすすめの調理法は酢の物


――なるほど、では、実際ナメクジを食べるにあたって、おいしい食べ方というのはあるのでしょうか。

内山:私も実は知的好奇心でナメクジを食べてみただけなので、この料理がおいしい、おすすめ、とは断言できません。ただ、ナメクジは陸性の貝の仲間でコリコリ、シコシコとした食感があります。またそのヌメリも特徴的です。
特徴を生かした、酢の物などが調理法としては適していると思います。加えて、酢の殺菌効果もあるため感染のリスクを低くすることにもつながります。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2019年1月22日のコネタ記事
「専門家に聞く「ナメクジのおいしい食べ方」 酢の物にしたらこんな味だった」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    オェェェェェェェェェ

    3
  • 匿名さん 通報

    絶対無理。

    0
  • 匿名さん 通報

    素晴らしい好奇心! いや、ね、だからといって僕も食べよう!…とはならんけどね gj

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース