巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

長野のお盆の定番? 「おやき」の今

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

長野を代表する食べ物です。

子どもの頃、夏休みの昼食といえば、そうめん・ひやむぎ、おにぎり、そして「おやき」が信州の我が家では定番だった。

ところで、信州の「食」に関して、他県の人によく聞かれるのが、「おやき」についてのこんな質問だ。
「おやきって、『おやき』というわりに、焼いてないよね? ふかしてるだけだよね?」

「焼いてないのに『カップ焼きそば』」みたいな感覚なのかもしれないが、一部では焼いたもの、揚げたものもあるものの、長野市周辺で作られているおやきの主流は、「ふかす」タイプである。

おやきは古くからあるが、実は地域差、さらに各家庭の味もあり、「丸ナスを入れたものこそがおやき」と言う人もいれば、「皮に砂糖が入っているのはおやきじゃない」とか、「皮に重層(ベーキングパウダー)を入れたものはおやきじゃない」なんて言う人まで、実に様々だ。

『おやき56の質問』(柏企画 編/発行)という本によると、善光寺平や上田平などでは、戦前から「ふかすおやき」が主流だったようだが、大町、北安曇郡東部などでは、囲炉裏の減少によって「灰焼き」→「ホウロクかフライパンで焼くおやき」にかわり、さらに「ふかす」スタイルに変わっていったのだという。
同書によると、おやきの地域差を生んだ要因には、以下のようなものが考えられるという。

●地域でどんな穀物が作られたかによる、皮の違い――小麦粉、そば粉、米粉、キビ粉、粟粉など(※長野県南部においては、粉も米粉、雑穀など、かなり様々。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2010年8月15日 00時00分

注目の商品