巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

プールの着替えで巻く、あのタオルについて

ライター情報:イチカワ

このエントリーをはてなブックマークに追加

巻いてみました。

学校の水泳用タオルといえばいま、ゴムとスナップボタンがついているタイプが一般的だと思う。ラップタオル(巻きタオル)などと呼ばれ、スカートやてるてる坊主みたいに体へ巻くことで、ちっちゃな更衣室になる。

でも30~40年前まで、このタオルはなかった。子どもたちは風呂上がりみたいに、普通のバスタオルを巻いて着替えていた。

そこで、調べてみた。ゴムのついたタオルは、一体どう生まれて、どう広まっていったんだろう? と。企業や文献、当時を知る人の話などからまとめた歴史は、以下の通り。

まず前提として、昔の小学校では、男女一緒に教室で着替えることが多かったことを頭に入れておきたい。タオルがハラリとはだけて、中の人がチラリしないよう、細心の注意を払う必要があった。男の子の場合、タオルを奪うワルガキもいた。さらにその対策として、タオルなしでも着替えられる、パンツ脱ぎのテクニックを習得する子もいた。うまく着替えることは、子どもたちにとってプールがある日の大きなテーマだった。

そんなあるとき、水泳のタオルは生まれた。1970年代ごろ、着替えに不満を抱いていた子の親が、ゴムをつけることを考案したらしい。詳しい考案者は分からないけど、家庭から生まれた知恵だったようだ。小学生が、より男女に気を遣う時代になったことも、関係しているかもしれない。

一気に広まったのは、1980年代。手作りの方法が少しずつ広まる中、キャラクターものが市販されたことで人気は爆発した。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2010年8月16日 10時00分

注目の商品