巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

アンテナが3本立つのに、なぜ電話がつながらないのか

ライター情報:R&S

3本立っていても、通話できないことがあります。

[拡大写真]

「入口では3本立っていたのに、奥へ入ったら圏外になっちゃって」――携帯電話の電波のよさを表すアンテナマーク。たくさんアンテナが立つほど電波はよいはずなのに、先日、不思議なことがあった。

3人で登った北アルプスの剣岳(2999m)のてっぺん。電話会社や機種はマチマチだったけれど、3人ともアンテナマークはしっかり3本。でも、実際にダイヤルしてみると、「接続できませんでした」が何度も続いたり、途中で電話が切れちゃったり。前にも山道で似たようなことがあった。いったい、何が起きているのだろう。

株式会社NTTドコモに聞いた。
「アンテナの数は、基地局から受信している電波の強度を示すもので、通話の品質を保証するものではありません」
携帯電話は、通話していない時も基地局からの電波を受信している。アンテナマークはその電波の強さを示しているのだ。アンテナの本数は目安であって、統一の規格はないという。

アンテナ3本でもなかなか接続できなかったのは、もしかして、電池が減っていたから?
「電池が減っても、電波の強さは変わりません」
では、なぜだろう。
「移動中、建物の陰に入ると、受信強度が急に下がることがあります。アンテナマークの表示にはタイムラグがあり、すぐには反映されないのです」
今回は、山頂に止まっていたのだが。
「基地局の電波に比べ携帯電話の電波が弱いため、電波が届かないことがあります」
山のてっぺんは街から離れているので、通常、近くに基地局がない。
関連キーワード

ライター情報: R&S

登山歴20年の気象予報士。ガイドの資格を持つ。科学の実験ネタを得意とするが、手間をかけているわりに受けはイマイチ。最近、腰痛が少しよくなった。

2010年11月8日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品