bit

「寝ている人に祝いの言葉はNG」不思議な禁忌や験担ぎだらけの台湾・旧正月を体験してみた

「寝ている人に祝いの言葉はNG」不思議な禁忌や験担ぎだらけの台湾・旧正月を体験してみた
正月独特のなぞなぞが付いた灯篭

じつは筆者は、昨年から台湾での生活を始めた。当然だが日本と異なる独特の禁忌や縁起が台湾には多くあり、それがまた面白い。先日過ごした旧正月もいろいろなルールが存在して、新年早々驚きの連続だった。

台湾の風習は、日本の文化を通して見れば変わったことのように映っても、現地では土地に根付いた大切な決まりごと。せっかくなのでそれら新年の面白い習慣を、台湾人の知人などに聞きつつまとめてみた。


正月に寝ている人を呼ぶ&祝いの言葉をかけるのはNG


新年、台湾では人を起こすときに注意が必要だ。名前を呼んで起こしてはいけないからである。もし名前を読んで起こすと、その人が一年間、他人からいろいろなことを催促されて過ごすことになると言われている。

さらに正月は、寝ている人に新年の祝いの言葉をかけてもいけない。祝いの言葉とは「新年快樂(あけましておめでとう)」「心想事成(願いごとが全て実現しますように)」といったような言葉のこと。新年に交わされる縁起のいい言葉であるが、まだ寝ている人が祝いの言葉を言われると、この一年の健康運が下がると言われている。
「寝ている人に祝いの言葉はNG」不思議な禁忌や験担ぎだらけの台湾・旧正月を体験してみた
入口に飾り付けられた新年の祝いの言葉

つまり「あけましておめでとう、さっきー。正月なんだから早く起きなさい!」なんて親や夫(妻)に起こされたら、台湾的にはもうダメ。


正月の初詣は早い者勝ち


日本では年が明けると神社やお寺に初詣に行く。もし混んでいたらどうするか。普通は整列して、お参りの順番を待つのが一般的だ。しかし台湾では「搶頭香(チャントウシャン)」と呼ばれる少し荒々しい方法で参拝する。
「寝ている人に祝いの言葉はNG」不思議な禁忌や験担ぎだらけの台湾・旧正月を体験してみた
初詣で賑わう台湾の寺院

まず大晦日の夜は寺院の扉を閉めてしまい、夜12時にあらためて「よーいドン」で扉が開く。すると火のついた線香を早く供えようと待ちに待った人混みが一斉に走り出すのだ! 新年早々、兵庫・西宮神社の福男選びの神事よろしく、激しい競争を繰り広げる。

群衆が急いで走るため、当然事故は絶えない。転んだり、踏まれたり、誤って線香の火が他の人に触れてやけどしたり、服が燃えたり、灰が目に入ったり、とにかく至る所で何かが起きる。過去には勢いあまって、重さが200kgもある線香を立てるための香炉が倒れ、寺院建築物の損傷を招いたこともあった。一番乗りした人はその1年幸運に恵まれるという縁起担ぎのため、みんな必死なのだ。

なかにはズルをする人もいて、2011年には門の中にいた関係者と思われる男が突然走りだし、門の外で待っていた人を差し置いて一番乗りをした事件がメディアを賑わせた。


正月はランタンに吊るされた「なぞなぞ」を解く


台湾では、猜燈謎(ツァイタンミ)と呼ばれるランタンフェスティバルが正月に行われている。じつはこのイベント、元々は何千年もの間中国の伝統だったが、現在は台湾や上海など一部だけにしか残っていない。
「寝ている人に祝いの言葉はNG」不思議な禁忌や験担ぎだらけの台湾・旧正月を体験してみた
ランタンフェスティバルの様子

そんなツァイタンミだが、じつはランタンの美しさを愛でるだけではない。高く吊り下げられた赤い提灯の下には、それぞれ、なぞなぞ(パズルカード)が吊るされて、正月にはそのなぞなぞを説くのが台湾流だ。

どんな、なぞなぞが吊るされているのかというと、「問題:72時間を表す漢字は? 答え:晶(24時間は1日、72時間は3日間なので日という漢字が三つ並んだ「晶」という文字が正解)」「問題:山の上にまだ山がある漢字は? 答え:出」といった具合だ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2019年3月5日のコネタ記事
「「寝ている人に祝いの言葉はNG」不思議な禁忌や験担ぎだらけの台湾・旧正月を体験してみた」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ちょっと調べればわかるかもしれないけど、日本にも似たような風習があると思う。2019年の今はわからないけど...。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース