巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

京都にはなぜ「親子丼」の名店が多いのか

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

京都に行ったときには、ぜひとびきりの親子丼を。

[拡大写真]

紅葉の季節といえば、京都。

京都といえば、秋の味覚も楽しみだが、ちょっと不思議なのは、やたらと「親子丼」の名店が多いということだ。
鶏料理の老舗「八起庵」をはじめ、薄味で上品な「とり伊」、変わり親子丼で有名な「とり安」、さらに「鳥岩楼」「ひさご」などなど。

上記のような有名店以外でも、親子丼をウリにしている店は多数あり、なかには親子丼だけのお店もあるほど。
それにしても、なぜ京都で「親子丼」なのか。京都には「丹波黒どり」という地鶏があったりするけれど、決して「京都=鶏」というイメージはない。その理由について、ある料理記者に聞いてみると……。

「京都は家内業が盛んだから店屋物をとることが多く、玉子丼が人気だったということは聞いたことありますが、確かではありません。また、店屋物でも玉子丼が人気なのは鶏料理屋さんが多いからでしょうけど、なぜ多いのかまではわかりません」

また、関西のライターによると、
「十数年前から雑誌やテレビなどで、親子丼特集を組むことが多く、人気となってきた印象があります」とのこと。
でも、もっと前から親子丼の有名店は多い気がするけど……。

そこで、古くより錦市場・京都市中央卸売市場で卸売業務を行っている「食鳥製品商社 鳥長」広報担当者に聞くと、こんな回答が。
「京都では、有精卵などの卵を使ったり、ブロイラーではなく地鶏や軍鶏を使ったりと、卵や鶏肉にこだわっている老舗がもともと多く、それが評判となり、さらに増えていったのではないかと思います」

人気店の影響で、それを真似た店が増えたのだろうか。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2010年11月13日 00時00分

注目の商品