巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

交番の地図が、いまだにでっかい紙の理由

ライター情報:イチカワ

地図は、紙を使っています。

[拡大写真]

道を聞くときや、落とし物をして交番に行くと、お巡りさんは大きな紙の地図を広げる。例えばゼンリンの住宅地図を。
そんなとき、目的の場所がスッと見つかれば問題はない。でもたまに、これから宝探しへ出かけるかのように、大きな地図を囲んで、目的の場所を探し続けてることがある。

今だったらパソコンで住宅地図のソフトがあるし、道案内程度ならネット上の地図でもいいはず。そうすれば、検索して一発で場所が分かる。どうして今も、交番では紙の地図が現役バリバリで使われてるんだろう?

警察庁に聞いたところ、交番は各都道府県の警察が管轄してるということで、警視庁(東京都)に、紙の地図を使っている理由を伺った。
「紙の地図であれば、何かあったとき、すぐにパッと開けるでしょう。事件や災害など緊急時には、特にその必要がありますから」

確かにそっか。道案内のために、地図があるわけじゃない。例えば事件が起こったとき、パソコンで地図を見ようとしたら、時間がかかるし、何人かで見てれば画面が見づらい。災害が起これば、パソコンが立ち上がらないかもしれない。そう考えると、大きな紙の地図の方が実用的だ。

そしてもうひとつ、大きな理由を教えてくれた。
「というかですね、(東京都では)そもそも交番に、パソコンを置いていないんですよ」

えっ! 交番ってパソコンないの? どうして?
「公式的な見解ではないですが、理由として予算的なものもあるでしょうし、他にも事件や事故が起こるなどして交番を不在にするときには、盗難の危険がありますよね。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2010年12月14日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品