巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

白だけじゃない! カラフル&ユニークなカリフラワー

ライター情報:ミドリ

黄色、紫色、うずまき。変わり種のカリフラワー勢ぞろい。

( 1 / 5 )

[その他の写真を見る]

今が旬のカリフラワー。色白美人のような真っ白な見た目が魅力だが、ブロッコリーに比べて食卓にのぼる頻度は少なく、ちょっと影の薄い存在という印象だ。しかし最近、そんなイメージを覆すようなカラフルでユニークなカリフラワーを目にするようになった。黄色に紫色のもの、極めつけは、とがった房が美しい渦を巻いたもの。どれもほかの野菜たちに負けまいと、際立って自己主張している。

カリフラワーといえば白色と思いこんでいたが、たくさんの品種があるのだろうか。カリフラワーやブロッコリーなどの種を専門に育成している野崎採種場(名古屋市)の野崎知紀さんにお話をうかがうと、日本では白色のものが定着しているが、世界には何百もの品種があるとのこと。色のついたものや渦を巻いたもの(ロマネスコ系)も、ヨーロッパでは普通に流通しているそうだ。野崎採種場では、それらの品種から日本の風土に合った種をつくるため日々改良を重ねており、現在、白色のものだけで27品種、ほかに黄色の「黄玉」、紫色の「紫雲」、ロマネスコ系の「うずまき(3品種)」の種を販売している。

見ているだけでも楽しくなるようなカリフラワー、さっそくゆでて試食してみた。黄色はゆでると色味が増して、茎まできれいな黄色にゆで上がった。味や食感は、白色のカリフラワーと似ている。紫色は色素がお湯に流れ出てしまい、ブロッコリーのような緑色に。味も、まるでブロッコリーのようだ。そして、初めて見たとき「なんじゃこりゃ」と思ったロマネスコ系。
関連キーワード

ライター情報: ミドリ

身近な自然、生活情報が気になる気になる。元新聞記者。好物=山、雪、ドライブ、ピアノ、おいしいお米といくら、りんご

2011年1月12日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品