巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

PCのモニターをもう1台増やすコツとは?

ライター情報:羽石竜示

パソコンの裏側のI/Oコネクタ部分。赤丸で囲っている部分が映像出力コネクタ。左上からD-sub、DVI-D、HDMI。

[拡大写真]

インターネットブラウザやメール、動画再生など複数のソフトを同時に立ち上げて、パソコンを使用するスタイルは常識。だが、どうしてもウインドウが重なりあってしまい、結果として使いづらくなるデメリットがある。その解決策として、大きいモニターに買い替えるのも一案だが、(今使っているモニターがまだ寿命でないのなら)もう1台付け足して、「2画面モニター」にしてみてはどうか。

といっても、どうすれば2画面モニターになるのか。必ずしも2台モニターを用意すればいいというわけではない。なので、PC関連機器会社のリンクスインターナショナルに、2画面化のポイントを聞いてみた。

まず、モニターを接続するPCのコネクタ部分を確認する必要がある。例えば、デスクトップPCの場合、裏側を見ると「D-sub、DVI-D、HDMI」といった画面表示用のコネクタがある。これらが2個以上あれば2画面にできる可能性か高いそうだ。ただし、
「古い機種やローエンドPCでは、コネクタが2個あっても、1画面にしか対応していない場合があります」とのこと。これは要注意だ。

なお、一般的には「D-subとDVI-D」または「DVI-D×2」にそれぞれモニターを接続して2画面化することが多く、「DVI-DとHDMI」との組み合せは設定がうまくいかないことがあるという。どうしても心配なときは、モニターを購入するときに専門のショップ店員に組み合せるコネクタの種類やPCのメーカーや機種を伝え、それで2画面化が可能かどうか一応確認してはどうか。

つぎに、画面表示用コネクタが1個しか付いていないPCには、基本的にビデオカードを増設する(ビデオカードについては、コネタ記事「昔から気になっているあるパソコンパーツの呼び名」を参照)。これをPCに付けるとコネクタが増えるので、2画面化できるわけ。具体的にどこに付けるかと言うと、今主流なのは「PCI Express x16」。

関連写真

3D表示、3台のモニターへ最大2560×1600ドットの出力が可能な高性能ビデオ...

関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。
好物=カント、ニーチェ、回転寿司、アイスコーヒー。
ブログ:羽石竜示のブログ

2011年1月19日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品

モバイルでコネタをチェックしよう!