巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

睡眠口座のお金は、戻ってくるのか

ライター情報:R&S

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成5年の記帳が最後。18年たって解約しました。

[拡大写真]

ちょっと前に、菅首相が「休眠口座(睡眠口座)のお金を国庫に移譲することを検討」していることが伝えられた。これにはちょっと、ドキッとさせられた。

20年ほど前、関西地方のある信用金庫(信金)に口座を作った。バイトの関係で必要に迫られ作ったもの。関西の一部にしか支店がなく、キャッシュカードも作ってなかったので、関西を離れて15年以上、放ったままになっている。典型的な睡眠口座。このお金、どうなってしまうのか。

元銀行員に聞いてみた。
「登録された電話番号に連絡がとれなかったり、郵便を送っても返ってきてしまうような口座は、10年を目処に整理されていたと思う。15年以上たっているのなら、口座が消滅している可能性大。お金は銀行(信金)の雑益勘定に入ったのでは」
ガーン。私のお金は信金のものになってしまったのか。慌てて通帳を引っ張り出し、信金に電話。
「お掛けになった電話番号は、現在、使われておりません」
電話番号が変わったのか。インターネットで調べてみるが、見つからない。どうやら、口座を作った支店がなくなってしまったらしい。諦めずに本店の電話に掛けてみる。
「通帳を作った支店に連絡してください」
いや、支店が見つからないんです。
「では、お調べします……今は△△支店になっていますね。電話番号は……」
△△支店に掛けてみる。
「口座の解約ですか? 支店の方にお越し頂きたいのですが」
ここでちょっと負けそうになった。関東に引越していて、とても行けない。
関連キーワード

ライター情報: R&S

登山歴20年の気象予報士。ガイドの資格を持つ。科学の実験ネタを得意とするが、手間をかけているわりに受けはイマイチ。最近、腰痛が少しよくなった。

2011年2月22日 10時00分

注目の商品