巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ガリガリ君のソーダ味が“青い”ワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加

冬でもガリガリ君は美味しい!

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

「青」といえば、何を思い浮かべますか?
現在、エキサイトクーポンでは、「Skypeで愛を伝える、いつもありがとう」キャンペーンを展開中。そのキャンペーンと連動して、“Skypeブルー”の商品をプレゼント。
そこで、今回、賞品になっている「ガリガリ君ソーダ味 一カ月分」に注目。ガリガリ君の製造元である赤城乳業さんへお話を伺った。

そもそも、ガリガリ君が誕生したのは、1981年。発売当時は、ソーダ味とグレープフルーツ味、コーラ味の三種類が展開されたという。特にソーダ味は、およそ30年経った今でも、ガリガリ君を象徴する味となっている。

でもなぜ、“青”になったのだろう。
ソーダといえば、無色透明。今でこそ、見慣れているが、アイスクリームにあの水色は大きなインパクト。でも、アイスでは色がないと価値がないとされていたそう。
そこで出てきたのが、水色。水色は、「空」や「海」を指しているという。壮大な自然のなかで、ワンパクに遊ぶ子供に食べてほしいという願いをこめて、この“青”が採用されたそう。

当たり前のように、『ソーダ=青』というイメージを持ってしまうが、これはガリガリ君ソーダ味によるところが大きいのかもしれない。赤城乳業さんも、『ソーダ=青』というイメージをブランディングしたと自負している!? ようである。

「ワンパク少年」のためのガリガリ君。食べることで、夏休み早起きしてカブトムシを捕まえにいった時、そんなパッケージのままの“少年心”を想起させてくれる、魔法のアイスキャンデー。

2011年3月1日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品