巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

唐辛子は日本から韓国に伝わってきた!?――唐辛子のおもしろ由来

韓国の唐辛子の中でもよく使用されている“チョンヤンコチュ”と呼ばれる辛い唐辛子。

[拡大写真]

韓国料理から連想されるイメージとして、「辛い」料理が多いと答える人も少なくはないはず。
その辛さの元となっているのがご存知の通り「唐辛子」ですが、その唐辛子が日本から韓国に伝わったものであり、伝わった理由が文禄慶長の役の際に韓国人を唐辛子で毒殺するためだった!? との説を耳に。聞き捨てならず、実際のところを調べてみようと、韓国食品研究院のチャン・デジャ先生に韓国に伝わっている唐辛子の由来について、直接聞いてみました。

1943年に発行された「故事通」という韓国歴史を記す書物に、ヨーロッパの唐辛子がタバコとともに文禄慶長の役の際に日本軍が持ってきたという内容が記載されており、1614年に書かれた「芝峰類設」という韓国で初めての百科事典にも「“倭芥子(唐辛子の別名)”の“倭”から日本から唐辛子が入ってきたといえる」とする記載がされ、また1978年に発行された「高麗以前の韓国食生活史研究」で、朝鮮出兵のときに武器(目潰しや毒薬)または血流増進作用による凍傷予防薬として日本からの兵が持ち込んだのではないかという伝来理由が記載されており、韓国ではずっと唐辛子の“日本伝来説”が通説となっていました。

しかし、数千年前からある山椒や胡椒を使用していた白キムチやトンチミ(水キムチ)が、唐辛子が入ってきたことでここ100~150年ぐらいのあいだに完全に唐辛子のキムチだけとなり、またキムチの種類も急激に増えていったのかという疑問と、日本で1709年に貝原益軒により編纂された本草書 「大和本草」にも唐辛子が韓国から伝わったとあることが考慮され、2008年に唐辛子が文禄の役と慶長の役の際に唐辛子が日本から渡ってきたという説は根拠がないということが発表され、その後多くの学者たちにより研究が続けられてきました。
関連キーワード

2011年4月27日 10時00分

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    嘘も繰り返していると、真実が何であるかわからなくなりますね 800年代に中国に唐辛子が自生していたなら、南米から持ち帰る前に ヨーロッパにシルクロードを経て伝わっていたでしょう

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品