巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

節電に役立つ自動で点消灯するLED電球

ライター情報:羽石竜示

『ECOLUX 人感センサー付LED電球』(アイリスオーヤマ)。4月15日発売。店頭参考価格各3000円。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

最近、家庭でも少しずつ普及しているLED電球。低消費電力・高寿命が特徴のため、福島第一原発の事故から始まった節電の取り組みの中で、その存在がにわかに注目されている。今回紹介するのはそのLED電球なのだが、ただのLED電球ではない。ふつうのタイプよりさらに節電効果があるというので、どんなものか見てみたい。

それは『ECOLUX 人感センサー付LED電球』(アイリスオーヤマ)で、赤外線センサーが人に反応して自動点灯し、センサー感知範囲から離れると約5分後に自動消灯する。明るさは一般電球20W形相当。寿命は4万時間で、1日10時間使用しても10年以上取り替えが不要(一般白熱電球の寿命の約40倍)。消費電力は20W形の一般白熱電球に比べ3分1だ。

では、人感センサー搭載により一般的なLED電球と比べ、どの程度節電効果があるのか。アイリスオーヤマさんに聞いた。
基本的に、同製品はセンサーを作動させる回数によって電力消費量が異なるという。具体的な比較では、
○一般的なLED電球の電力消費量(1日9時間使用する廊下に設置した場合)は37.8Wh(※1)。
○人感センサー搭載LED電球(1日9時間使用、それ以外の時間はスイッチオフ)で、1日の出入りが12回の場合は10.8Wh(※2)。
したがって、人感センサーLED電球のほうが、常時点灯させているLED電球に比べ28.5%の電力で済む。
○同上の人感センサー搭載LED電球で1日の出入りが54回(4.5時間点灯に相当)の場合は29.7Wh(※3)。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2011年4月20日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品