巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

極端な服を作るファッションブランド

今季のコレクションは、無形のものを形にした。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

ファッションって、一風変わっていたり難しそうな服を着こなせてこそ“上級者”。だからこそ無難なものばかりではなく、たまには冒険もしてみたい。

そんな時、このブランドの服があれば冒険どころか大冒険である。「ANREALAGE(アンリアレイジ)」から発表されているコレクションの数々が、とにかくスゴいのだ。

まず、画像を見てほしい。もう、言葉はいらない。胴体や頭が“ボコッ”と膨らんだ、あまりにも大胆なフォルム。
これは同ブランドの今季のコレクションで、テーマは「見えない形」。無形のもの、すなわち“空気”を形にして洋服の中に封じ込めている。洋服の膨らんだ部分には、空気をいっぱいにはらんだ風船を差し込んだのだ。当然、空気を抜いてからはリアル・クローズとして着こなすことができ、その状態における独特のシルエットが美しい。そんな、大胆に針を振り切った服。

ANREALAGEのホームページに訪れると、これ以外も全部スゴい。そこで、直接に話を伺ってみた。どうして、このような極端な洋服ばかりを作っている?
「今、洋服の価値観は『いかにお洒落に見えるか』、『安いか、高いか』などの言葉に限定されがちだと思います。それ以外の“面白さ”や“創造性”といった価値観も伝えたいという思いが、私たちにはあります」(森永デザイナー)
既存の洋服以外の可能性にもチャレンジしていきたいという意志から、これらのコレクションは出来上がった。

ちなみに、ANREALAGEが起ち上がったのは2003年。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2011年5月8日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品