bit

フェルメール「牛乳を注ぐ女」は性的な意味が込められていた? 『武器になる知的教養 西洋美術鑑賞』

フェルメール「牛乳を注ぐ女」は性的な意味が込められていた? 『武器になる知的教養 西洋美術鑑賞』

現在、東京・上野で「フェルメール展」「ルーベンス展―バロックの誕生」の2つの展覧会が開催され、話題となっている。フェルメールは日本人にも人気のある画家であり、ルーベンスもアニメ「フランダースの犬」などで馴染みがあるという人が多いのでは?

しかし、実のところ、いわゆる誰もが知る名画について「なぜ良いのか?」をはっきりと言葉にできる人は少ないのではないだろうか。専門家が評価しているからきっとすごいのだろう……という先入観があることも事実。

そんな漠然とした「この絵、良いよね~」から脱却できる、『武器になる知的教養 西洋美術鑑賞』(大和書房)なる本が発売された。フェルメールの「牛乳を注ぐ女」、ゴッホの「ひまわり」、ムンクの叫び」などなど、誰もが知る名画はもちろん、日本人がとくに苦手とする抽象画についても、西洋美術史をわかりやすくひもときながら解説してくれる。

著者の秋元雄史氏は、“アートの島”として知られる直島のアーティステック・ディレクター(美術監督)や、金沢21世紀美術館の館長も務めたスペシャリスト。タイトルの冠にある「武器になる~」は挑戦的にも思えるワードだが、アートを嗜むことはビジネスパーソンにとってどのように有意義なのか? ほか、せっかくなので話題の「フェルメール展」の楽しみ方などについても聞いてみた。


アートはトップビジネスパーソンに必須の教養!?


――冒頭でSoup Stock Tokyoの遠山正道社長が言った、「アートはビジネスではないが、ビジネスはアートに似ている」という言葉を引用されているのがとても印象的でした。遠山氏のほか、ゾゾの前澤友作氏がバスキアのコレクターであることもよく知られていますが、“新たな価値の創造”という観点から両者には共通点があるんですね。
本書はビジネスパーソン向けに書かれたアートの入門書ということですが、どういうきっかけで執筆されることになったのでしょうか?


秋元雄史(以下、秋元) 美術館に一番足を運んでいないのが、実は20代から50代の男性ビジネスパーソンです。働き盛りの年代ですが、多忙で教養を高める時間がとれないというのが実情だと思います。しかし、今の時代はどれだけ自由にビジネスをつくりあげていけるか、想像力、構想力が必要な時代。心が疲れていたら、タフな現場にはとてもついていけません。体が疲れたら、ジムに通いストレッチなどをして普段使っていない筋肉を伸ばすように、頭が疲れたら、普段使わない頭や心をストレッチするように刺激していくことが大事です。そこで、一般向けのアート入門書のようなものがあれば便利だろうと思い、執筆しました。


「牛乳を注ぐ女」に隠された性的な寓意


フェルメール「牛乳を注ぐ女」は性的な意味が込められていた? 『武器になる知的教養 西洋美術鑑賞』

――現在、「フェルメール展」が話題なので、なかでも代表的な「牛乳を注ぐ女」についてお聞きしたいと思います。意外とサイズが小さめなのは、個人の邸宅に飾られることを想定した絵だったからなのですね。この女性が家庭の主婦ではなく、メイドさんだったというのも初めて知りました。

秋元 17世紀のオランダでは王侯貴族や教会ではなく、貿易などで成功した裕福な市民が画家のスポンサーとなっていたんですね。この女性も貴族が雇ったメイドではなく、裕福な市民の家庭のキッチンが舞台です。当時のオランダでは、腐敗したカトリック教会への反動として、プロテスタントの中でも急進的で厳格なカルヴァン派が主流でしたから、キリスト像や天使といった偶像崇拝の文化はありません。そこでオランダでは、独自に風景画や静物画、風俗画といったジャンルが発展していったというわけです。

また、彼女は美しい青のエプロンを着けていますが、これには黄金に匹敵するラピスラズリを原料とするウルトラマリンが贅沢に使われており、当時のオランダの豊かさがうかがえます。また、フェルメール時代のオランダ絵画では、メイドが男性にとって性愛の象徴とされていたので、この絵にも性的な寓意があるとする研究者もいます。

――え! とても静謐で清らかな絵だとしか思っていなかったので衝撃です。でもたしかにそういった絵画の持つ、「文脈」知ることでぐっと引き込まれますね。それまで、カトリック教会が「見る聖書」として画家たちに描かせていた宗教画とは根本的に異なる、市民文化から生まれてきた絵画だったんですね。

あわせて読みたい

「フェルメール「牛乳を注ぐ女」は性的な意味が込められていた? 『武器になる知的教養 西洋美術鑑賞』」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    精神学者フロイトもそうだが、なんでも性的に解釈するのは違うと思う。寅さんの”おいちゃん何考えてるんだ?””お前と同じことよ。””いやらしいなー!不潔だよ!!”ってのと一緒。

    4
  • 匿名さん 通報

    『武器にならない痴的教養 性洋美術鑑賞』もあります

    1
  • 匿名さん 通報

    ま Historical on manners and customsを下敷きにして西洋美術史を知らんとその程度の感想しか出んよな。言っとくけどな、今も昔も西洋人、むちゃくちゃエロいからな。

    1
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース