巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

性教育で習ったこと、覚えてますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

『こんなに違う! 世界の性教育』(監修:橋本紀子/メディアファクトリー)

[拡大写真]

現在30歳以上の人なら小学校高学年の頃、『保健体育』の時間に、女子だけが視聴覚室などに集められて何やら指導を受けていた記憶がないだろうか? その間、男子は校庭で遊んでいたりして、女子が教室に戻ってもその内容を聞いてはいけないようなムードがあり、妙にソワソワした空気が流れたものだった。ああ、甘ずっぱかったあの頃……。

と、思わず遠い目になってしまう思春期の記憶が蘇ると共に、各国の性教育のありようをも恒間見ることができるこんな本が発売となった。『こんなに違う! 世界の性教育』(メディアファクトリー)である。アメリカ、オランダ、フィンランド、イギリス、ドイツ、オーストラリア、カナダ、タイ、中国、韓国、日本という11カ国の性教育を、各国に詳しい研究者が教材の図版入りで解説するという内容。
どこの国でも「10代の望まない妊娠」と「エイズ感染」の急増に頭を悩ませており、さまざまな工夫が凝らされている様子。

たとえば、「自由と寛容の国」オランダでは5歳から性教育がはじまり、小学校によってはバナナにコンドームをかぶせる実習をさせるなど(!)非常にオープンな教育が行われているという。
また、中国では「性は恥ずかしいものでもなんでもない」という考えから教材に抽象的なイラストなどを使わず、生身の人間で図解しているため、その内容は日本では「わいせつ物」に該当してしまいそうなものなのだとか(そう言われると、どんなものかひと目見てみたい気も……)。
関連キーワード

2011年5月31日 08時00分

注目の商品