巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

“盆栽”をイメージした、さいたまの地サイダー

さいたま市にも“地サイダー”が誕生!

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

全国には、様々な名物産業がある。愛媛県今冶市の「タオル」。岡山の倉敷で言えば「ジーンズ」。そして、福井県鯖江市の「メガネ」……。いずれも、名産品として全国的に有名ではないだろうか。

そこで、我が故郷の話をさせていただきたい。埼玉県さいたま市。何がある? ……正直、思い浮かばない。20年近く住み馴染んでいた、愛する町だというのに。

しかし、これは私の勉強不足だった模様。しっかりと、さいたまには名産があったのだ。それを教えてくれたのは、この新商品。さいたま市では、5月1日より“地サイダー”として『大宮盆栽だー!!』を発表したそうである。

おわかりだろうか? サイダーだ。「盆栽だー」という名の。もう、皆まで言うまい。
そこで、同市に盆栽のサイダーを製作した経緯を伺ってみた。
「ある商店会長さんが、たまたま旅行先で出会った流行の“地サイダー”を見て、わが町自慢の『盆栽』と『サイダー』をかけたら、面白いのではないか!? と、きっかけはオヤジギャグでした(笑)」
そうか。やっぱり、オヤジギャグか……。

ただ、それだけではアレなので、さいたまと盆栽のゆかりについても聞かせていただいた。
「さいたま市には、全国で唯一『盆栽』を名乗る、その名も『盆栽町』という地名があります。その周辺には多くの盆栽園が立地するなど、我が国屈指の盆栽郷となっております」(担当者)
実は昨年、さいたま市では、公設としては日本初となる盆栽専門美術館「大宮盆栽美術館」が開館している。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2011年5月31日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品