巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ガムテープで、こんなモノ作っちゃいました

ライター情報:池田美砂子

troさんの力作「ガムテバーキン」。驚きの完成度!

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

ふとしたきっかけで「ガムテープ研究室」という名のサイトにたどり着いた。ガムテープの耐久性でも調べているのかと思いきや、そこにはカラフルなカバンや財布、カメラケースなどがずらり。まさか……と思い、ブログを読んでみると、これらは全てガムテープで作られたものらしい。おそるべき完成度! 研究室長の“tro”こと寺尾隆裕さんにお話を聞いてみた。

troさんがこれらを作り始めたのは、書籍『ガムテープでつくるバッグの本』(著者:中島麻美さん)との出会いから。元々もの作りが好きだったtroさんだが、普段は梱包材として使われているガムテープから様々なモノを生み出す面白さにハマってしまい、今では著者の方にも認められ、作品を販売するにまで至った。底板など一部素材は別途購入することもあるとのことだが、素材は基本的に布粘着のテープのみ。気になる耐久性も「みなさんが想像するより丈夫」とのことだ。私も実際にガムテバッグを手にしてみたが、底板がなくても、PCなどを入れない限り、ある程度の重みには耐えられそうだ。

troさんのイチオシ商品は、写真の“ガムテバーキン”。25メートル巻きのガムテープ2つで作ったというこのオリジナルバッグは、形も色も艶も、なかなかの高級感を漂わせている。ここまでクオリティの高いものに変身してしまうなんて、ガムテープも侮れないものだ。その他にも、編み込みタイプのガムテープ財布(長財布、2つ折り財布)、ペットボトルホルダー、カメラケースなど、どれも力作ぞろい。
関連キーワード

ライター情報: 池田美砂子

エコとサステナビリティをテーマに執筆するフリーライター。気象予報士であったりもする。

URL:http://twitter.com/IkedaMisako

2011年8月15日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品