巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ベルギー初のジャパン・エキスポが開催

ライター情報:加藤亨延

会場内には武者姿のベルギー人たちも。

[拡大写真]

11月4日から6日にかけて、ベルギーの首都ブリュッセルの展示場「Tour & Taxis」でジャパン・エキスポが開催された。ジャパン・エキスポとは、日本のアニメ、漫画、ゲームを中心に日本文化を紹介するイベントで、1999年にパリではじまったもの。現在ではフランス国内ではパリ、マルセイユ、オルレアンで開かれており、フランス国外では今回のブリュッセルが初だ。

早速、会場内を歩いてみると、パリと同様に多くの来場者がおのおの好みのアニメやゲームキャラクターの格好をして訪れていた。全体的なコスプレのレベルは、どちらかと言えばフランスの方が高いが、会場規模は一週間前に第一回が開催されたオルレアン(コネタ既出)より広かった。

ブリュッセルでもあいかわらず人気なのが、任天堂のダンスゲームソフト『ジャストダンス』のコーナー。多くの人があつまり注目度は高かった。また会場内には、秋葉原にあるようなメイドと執事が給仕するカフェも設けられ、別料金を払って一緒に写真撮影できるシステムもあった。ただし、カフェ自体はとても手作り感あふれ学園祭のイベントのよう。アニメやゲーム関連以外では、会場内の一角では和太鼓や空手、合気道等の演舞も注目を集めており、一方でテコンドーのデモンストレーションもおこなわれていた。

実際、ここベルギーでの日本の印象とはどのようなものなのだろうか。
「ベルギー人にとって最近の日本のイメージはアニメ、漫画、ゲーム、そしてそれらのコスプレが主です。

ライター情報: 加藤亨延

主に週刊誌・月刊誌で海外事情を執筆。取材等での渡航国数は約60カ国。比較文化/旅行が、ど真ん中ストライク。ときどき社会/政治。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2011年11月16日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品