巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

“時を測る”メジャー型のカレンダー

ライター情報:池田美砂子

ぐるぐると時は巡って……。メジャーとカレンダーが一体となった『M75 メジャーカレンダー』

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

今年も知らぬ間に終盤戦。どんなにもがいてみても、あと1カ月もすれば2011年も終わってしまう。誰もが焦る季節だがここはひとつ、明るい未来を夢見て来年のカレンダーでも選んでみよう。
どう見てもメジャーにしか見えない左の写真、その名を『M75 メジャーカレンダー』と言う。「時を測る」と言うコンセプトで、メジャーとカレンダーが一体となった、新感覚のプロダクトだ。

1日=1センチ。メジャー部分を引っ張り出してみると、1センチ間隔の目盛りに「1 MON」「2 TUE」と、日付と曜日が記載されている。5センチごとに、「今年が始まって何日か」がわかる数字も記されており、その名の通り、引き出されているメジャーの長さで「時を測る」ことができる。6月の終わりで最大長に達し、Uターン。7月以降の日付は裏面へ記載されており、巻き取っていくと、今度は「今年があと何日あるか」を知らせる数字のカウントダウンが始まる。

使い方は、人それぞれ。友達との会話で取り出せば、まあ、盛り上がること必至。たとえ一人でも、年の初めには、「この辺りであれをして、あの辺りであそこに行って……」と、これから始まる毎日に、あれこれ夢を膨らませることができるし、まさに今のような年末には、「今年もあとこれだけしかない!」と、あえて自分に喝を入れることもできるだろう。

また、意外に使えそうなのは、仕事や作業におけるスケジュール調整の場面。「今がここで、サービス・インがここなので、このあたりであそこまで終わらせて、次は……」と、全体像を把握しながら調整できるので、無理なラインを引いてしまう、なんてありがちな失敗は防ぐことができそうだ。

ライター情報: 池田美砂子

エコとサステナビリティをテーマに執筆するフリーライター。気象予報士であったりもする。

URL:http://twitter.com/IkedaMisako

2011年11月19日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品