巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

なぜ戦前の横文字は右から左に書くのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

右から読むと「森永 ミルクキャラメル」となる。

[拡大写真]

ふと何気なく目にした昔の文字に、素朴な疑問を抱いたことはないだろうか。例えば、「ルメラヤキクルミ」を読んでみよう。これ、そのまま読むと「ルメラ焼きクルミ」のようだが、右から左へ読んで「ミルクキャラメル」が正解だ。他にも例をあげると、下記の通り。

例)
具房文 (文房具)
鹸石クルシ (シルク石鹸)
ルービ (ビール)

読みにくい。非常に読みにくいし、書きにくそうだ(実際、書きにくい)。しかし、横文字を右から左へ書いていた時代が、確かに日本にはあった。第二次世界大戦直後まで、そのような表記がいたるところで見かけられたのだ。一体どうして横文字は右から左だったのか? そして、なぜ現在のような左から右へと移っていったのか?
戦前の印刷物を見ると、横文字は右から左に書いてあるものが多い。どうして横書きは右から左だったのだろうか。戦前の日本語を、「歴史的仮名遣い」として研究されている押井徳馬さんに話を伺った。

「戦前の横文字が右から左だったのは、縦書きの影響です。日本語の縦書きは、行は右から左に進みますから、額やのれん等の横長のスペースに書く時も、一行一文字の縦書きをする様に、かつては右から左へと書くのが一般的でした。ただし右横書き(右から左に書く横書き)とは、文字をあくまでも横長のスペースに収める都合上のもので、出版物の本文は大抵縦書きであり、まるごと右横書きで書かれることはありませんでした」(押井さん)

なるほど、縦書きが右から左に書くものだから、それと同じ要領というわけらしい。
関連キーワード

ライター情報: 河野友見 Kono Yumi

広島市出身。イギリスの出版社、広島の編集プロダクションを経てフリーライターに。地元の小さなネタからヨーロッパ諸国の文化ネタまで、あれこれ執筆。

URL:http://twitter.com/yumi0306

2011年11月28日 10時00分

注目の商品