bit

寝る前にも飲めるイタリアの大麦コーヒー、そのお味は?

寝る前にも飲めるイタリアの大麦コーヒー、そのお味は?
カフェ・ドルツォで作ったオルツォ・カプチーノ


コーヒーが有名な国は世界中でいくつかあるが、実はイタリアもそのひとつ。街中にはバールと呼ばれるコーヒーショップがいたるところにあり、イタリア人は1日に何度も利用する。仕事の合間や食後などに立ち寄って、止まり木のようにほっと一息つくことができる大切な場所だ。

そんなイタリアで、通常のコーヒーと並んで人気が高いのが大麦コーヒーだ。どんなコーヒーなのか、ちょっと紹介してみたい。

刺激が少なく、マイルドで飲みやすい


大麦コーヒーとはその前の通り、炒った大麦をコーヒーのように抽出して作られる飲み物で、イタリアではカフェ・ドルツォ(Caffe d'orzo)と呼ばれる。コーヒー豆で作られる通常のコーヒーほどではないにせよ、イタリアではごく一般的な飲み物だ。バールやレストランに行けばメニューには必ずあるし、粉はスーパーなどで簡単に手に入る。ちなみに価格は500g入りで1〜2ユーロ程度(約130〜260円)。コーヒーと比べると4分の1くらいの値段で手に入る。

寝る前にも飲めるイタリアの大麦コーヒー、そのお味は?
コーヒー豆売り場の一角に大麦コーヒーのコーナーもある


箱の中身は下の写真のような感じ。大麦を粗く挽いて炒ったそのものという外見だ。土のような見た目にすこしギョッとするが、鼻を近づけると麦の香ばしい匂いがする。

寝る前にも飲めるイタリアの大麦コーヒー、そのお味は?
試しにそのまま食べてみたが、かなり苦味が強い


飲み方は通常のエスプレッソと同じで、マキネッタにセットし直火にかけて抽出する。一応ペーパードリップでも飲めるが、苦味が強くならないよう粉の量は控えめにしたほうがいいようだ。

寝る前にも飲めるイタリアの大麦コーヒー、そのお味は?
直火にかけて3〜4分ほどで抽出できる


そして抽出したものが下の写真。デミタスカップでなくグラスで恐縮だが、通常のコーヒーに比べて少し色が薄いのがおわかりいただけると思う。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2018年11月23日のコネタ記事
「寝る前にも飲めるイタリアの大麦コーヒー、そのお味は?」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    日本伝統の麦茶を濃くだすのはどうでっしゃろ?芳ばしくてエエ感じでおまんがな。

    5
  • VIVA ORZO 通報

    実はイタリア人の長寿の秘密はこのORZOに含まれる物質ともいわれています。飲んだ後は少し眠くなります。日本でも普及するといいですね。在米

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース